So-net無料ブログ作成
検索選択

美ヶ原 王ヶ頭 [百名山]

昨日の続きです

アルプス展望コースを歩いて美ヶ原の最高峰「王ヶ頭」を目指します

標高2000mに広がる広大な高原は何度来ても ココロが伸びやかに開放されていく気がするなぁ
初めて歩く「アルプス展望コースは起伏はあるけど緩やかな道♪ 松本の街やアルプスを眺めながら楽しく歩きます♪
あっ、王ヶ頭ホテルが見える♪ 左には残雪の北アルプスがうっすらと見えるね♡
DSC_1787.JPG


あれは「烏帽子岩」でもっ、ちぃにはお猿さんの横顔に見えましたよーっ(笑
DSC_1800.JPG


かめぴー「烏帽子岩」の先端に立つの図
下は断崖絶壁で「こえーー!」ってブツブツ聞こえたっ(笑
DSC_1802.JPG

ちぃも先っちょまで行って見ましたー☆ わぁww、確かに怖すばらしすぎる眺めだったな(笑
DSC_1810.JPG

左端にちっちゃく見える青い屋根は たぶん登山口付近、、頑張って登って来たのねー♪
DSC_1803.JPG


「王ヶ頭ホテル」を見上げつつ まくように登ります
この周囲はお花がいっぱい咲く場所だけど まだ枯草状態でした
DSC_1815.JPG


あっ、ひとつだけ見つけ!♡
かわいい花は「ヒメイチゲ」だそうです♪
よしころんさんがコメント下さいました♪ よしころんさん、ありがとうございます、またよろしくお願いいたしまーすm(^^)m
DSC_1816.JPG


そして、着きました♪ 
「みなさーん、ここが美ヶ原の最高峰「王ヶ頭」(標高2034m)でーす♪ 何度来てもすばらしい
美ヶ原に感動のひゃっほーー!!」
DSC_1818.JPG


感動の後は、王ヶ頭ホテルのソフトクリームをっ(笑)
以前はジョッキに入った「ジョッキソフト」があったけどメニューから消えていて残念ーー☆
DSC_1821.JPG


美味しいソフトを食べたのち ホテル前のベンチに座ってさらにおやつを(笑)
気持ち良い風が吹いてくるね・・・放牧された牛の姿は見えない、、と思ったら今度の日曜が放牧祭のようでした☆
DSC_1826.JPG


たっぷり休憩をしたのち  さぁっ、下山です♪ 帰りはこちらも初めて歩く「ダテ河原登山道」を下りて行きますよぉ♡
DSC_1828.JPG


歩きだしてすぐに「フデリンドウ」が咲いていて またしてもちぃは浮かれまくりましたー(笑
DSC_1838syukusyou.jpg



ダテ河原ルートは鉄平石に急登あり、林道歩きあり、途中でこんな苔やゴロゴロ岩の八ヶ岳ちっくな森歩きあり、のとても楽しいルートでした♪ 秋にまたこちらから登りたいね、、ってかめぴーが言ってました♪ 
DSC_1839.JPG


登山道は三城牧場横に降りているので そこから車道を歩いて「三城いこいの広場」へと戻りました。ビーナスラインを降りたらなんと気温は33℃! 
登山道でも背中がジリジリしたり 王ヶ頭でも高原の涼しさは感じなかったはずやわ(笑

帰りに立ち寄った「三ッ峰茶屋」から美ヶ原を撮りました♪ 
今回、登りの百曲登山道は誰とも会わず、下山も1人の方に会っただけ、、の超贅沢な、美ヶ原の自然を丸ごと楽しめた山歩きでした♪

楽しかったね、またあの青空を見に、そして広がる美しい高原を歩きに行きましょっ♡
DSC_1878.JPG


最後まで読んでくださりありがとうございますm(^^)m
nice!(46) 

山麓から登る美ヶ原♪ [百名山]

5月21日美ヶ原へ登りました♪

美ヶ原(うつくしがはら)・・・長野県にある高原。 最高峰は「王ヶ頭」標高2034m 日本百名山に選定されている
      
美ヶ原には登山を始めた4年間の間に昨年を除いて毎年一度行っています。すべてビーナスラインを車で走り山本小屋(標高2000m)横の駐車場からスタートでした。

ちぃは山番組で以前にみた日本百名山の著者、「深田久弥さんが5月に登ったルート」をぜひ登りたいなぁ、、と思い 今回、美ヶ原に行くのなら、、と、ルートをチェーック! 
それは「三城牧場・・さんじろぼくじょう」からの南の山麓ルートらしい。
きっと「今までで見たことがないすばらしい美ヶ原」を発見できるはずやわっ、、って1人ワクワク(笑)
ところが、TVを観たことをすっかり忘れてしまっていた忙しいかめぴー、、、「ちぃはなんで下から登ろうと言うんやろなぁ、まっ、行きたいならいいか」と思ったらしい(爆)


三城いこいの広場の登山者用駐車場に車をとめて(無料)トイレは協力金が必要です♪

登りのルートは いこいの広場登山口(標高1408m)~広木場~美ヶ原の百曲り園地へ続く
「百曲登山道」へ出発ーー♪ 現地案内図には「ふじわら道」って書かれてたけどどっちが正しいのかっ?(笑)
DSC_1716.JPG


なぜか駐車場にはウチの車だけ、辺りはシーンとして登山者の姿もなく、、美しい水の沢沿いの道は やはりクモの巣が出現!今日もトレッキングポールはクモの巣をよける大切なアイテム♪(笑)
DSC_1744.JPG


このルートはなんとスミレの楽園でした♪ 登山道の両脇にはかわいいスミレがいっぱい♪
ちぃのテンションは上がりまくり かわいいを連発、座りこんで撮り かめぴーに遅れないよう小走りで進む、の繰り返しでしたー♪
DSC_1719.JPG


あっ、これは何かなぁ、ちぃ&かめぴー、初めましてのお花だねっ♪
お花の名前はミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ)だそうです♪

DSC_1739.JPG


茶臼山への分岐地点の 広木場(ひろこば)標高1600m付近に到着♪ わぁっ、なんと美しい桜が咲いてる♪ 
DSC_1753.JPG

そうかぁ、桜が咲き 新緑も開ききっていない見かける花も少ない、、まだ美ヶ原は春の初めなのね。。
DSC_1754.JPG


さぁっ、いよいよここからはジグザグの急登の百曲り、、なんと百曲りはほんとは48曲がっているとか、、どっちやねん!(笑)
そして 板状の大小の鉄平石がゴロゴロした登山は 歩きやすそうで意外と歩きにくいかも(笑)
DSC_1758.JPG


百曲りのところどころにケルンがありました♪ ちぃも一番上にそぉっと石を載せます♪
DSC_1757.JPG

ところがっ、つづら折りの登山道をのこのこ登るうち、、なんだかちぃは歩くのに飽きてきました。。
お花はスミレしか見つからない、木々の葉っぱはきれいだけど まだ開ききっていなくて 単調な登り、しかも 登山道はかなり暑かったのです。
かめぴーはちぃの後姿で「おやっ、早くも ちぃは飽き始めたか・・」、、って思ったらしいです、するどい観察力!(笑)
DSC_1759.JPG

でもでも、山は素晴らしいです♪ 飽きてくるころに こんなに楽しい「いらっしゃーい!!」と両手を広げた木が出現♪
DSC_1764.JPG


「いらっしゃいの木」に出会って ちぃ浮かれるの図(笑)
DSC_1766.JPG


登山道にはこのように道標が立っています♪ もう半分以上登ってきたんだね♡
DSC_1769.JPG


暑いけど 見上げる空はきれい、楽しいね♪
DSC_1771.JPG


あっ、あれは 初めて美ヶ原に来たとき登った「茶臼山」だね♪
DSC_1776.JPG

あとすこし♪この急登を登ったら。。
DSC_1780.JPG


美ヶ原高原の南側の「百曲園地」に着きました♪
DSC_1781.JPG


次は、、
ちぃ・・「王ヶ頭はもう3度も行ってるし、今日は茶臼山へ登って百曲りじゃないルートで下山しよーか」
かめぴーは言いました [王ヶ頭ホテルにはソフトクリームがあったよな」
ちぃはソク、答えましたっ、「アルプス展望コースで王ヶ頭へ行くわぁぁっ!」

さぁっ、次は初めて歩く「アルプス展望コース」でソフトクリームを食べに
最高峰の「王ヶ頭」へと歩きます♪
DSC_1793.JPG


「王ヶ頭」は次回です
最後まで読んでくださりありがとうございますm(^^)m

お花の名前をよしころんさんがコメント下さいましたのでさっそく追記しました♪
よしころんさん、いつもありがとうございます、またよろしくお願いいたしまーーすm(^0^)m
nice!(36) 

下山と開山祭 [百名山]

剣山の昨日の続きでーす

さぁっ、今度は違うルートから下山です

片側は深い谷底状態の細い登山道のルートを登山リフトの駅に向かってのこのこ歩きます
高所は苦手ちぃ、風が吹いてくる深い谷をチラ見しながら気をつけて歩きました
DSC_1358.JPG


歩き続けて「二度見展望」へ着きました♪
あっ、次郎笈が見えるね・・・
DSC_1360.JPG

反対側に見える巨岩と赤い屋根は、「大剣神社」ねっ。パワースポットで有名らしいけど今回は行かないで下山しようね、、と話して再び下山ルートを歩きだしました
DSC_1362.JPG


ところがっ、大剣神社近くに来たら登山道は荒れ気味になり・・
先を歩いていた人が「この先の道は崩落していて通行止めになってるー」と戻って来られました★
DSC_1366.JPG


ほかに道は「大剣神社」へ登る道しかなく必然的に神社を目指すことになりましたー(笑
DSC_1367.JPG


「天地一切の悪縁を絶ち 現世最高の良縁を結ぶ」と書かれた「大剣神社」にご挨拶しましょっ。。。正面から拝殿を撮りましたがパワースポットらしいので離れた画像をUPしておきまーす☆
DSC_1372.JPG


パワーを頂いたのちは 登山リフトの西島駅まで再び歩いて下山、15分の空中お散歩で下りて行きます
DSC_1381.JPG


駐車場が見えてきたらかめぴーが「ちぃっ、開山祭のイベントやっとるぞっ」と振り向いて叫びました。「ほんとだっ、間に合うかなっ」ちぃはソワソワ、、リフトのスピードが超遅く感じましたよーっ(笑
リフトを降りたらちぃは走ってイベント会場へ! なんと始まったのはイベント最後の「餅まき」、まず、子どもたちに向けて投げられた後 大人も参加して拾うようです。餅まきなんて初やわ、唐招提寺のうちわまきなら参加したコトあるけどなぁ。。人だかりは苦手だし、、と思ってる間に怒涛の餅まきは始まり巻き込まれ、、真下に位置したちぃは まいてる人に手を振ってにこっちこっち、くれくれアピールしましたっ(笑 しかし、参加したおじさまたちの迫力はマジすごかったです。ちぃが頭上で受けたものを後ろから「これはわしのもんやーーっ」と持っていかれ、その言葉にちぃは爆笑しましたぁ。かめぴーはお餅を4個、枕パット1枚、ちぃもお餅と枕パット1個づつ拾うことが出来ました。
めっちゃ楽しかったわぁぁ♪ なぜ枕パットがまかれのか気になるけど(笑)
DSC_1467.JPG


餅まき終了後 まいてくれた人たちが降りてきたのでカメラを向けたらポーズしてくださいました♪
楽しい思い出ありがとうございました(*^0^*)
DSC_1386.JPG


ちぃの体調不良でスタートした剣山登山、予定通りに登って下りていたら大剣神社には行かず、開山祭のイベントにも間に合わなくて参加することもなかったと思います。
心配した天気も崩れず楽しいイベントにも参加でき、山の神さまからたくさんのプレゼントを頂いた・・・「無理をして登るだけが登山じゃない、いろんな楽しみを山で体験しなさい」、、って教えて頂いた気がしました。

帰る途中、明石海峡大橋の途中で晴れてるのに雨がパラパラ、そして大きな虹、しかも片側は2本の虹が♪ わぁっ、Wの虹なんてあるんだ、初めてみるねーって かめぴーと感動しつつ楽しい剣山登山は終わりました♡
縮小.jpg

長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございますm(^^)m
nice!(35) 

剣山 [百名山]

剣山(つるぎさん)・・・徳島県にある。標高1955m。四国で2番目に高い山。徳島県の最高峰で日本百名山に選定されている。


お宿でもらったパンフレットに なんと29日が山開き、、とかいてありイベントがあるのかしらっ、、とちぃわくわく、かめぴーは山開きやとめっちゃ混むんやないかと心配(笑)
それに剣山から美しい稜線歩きができる次郎筏(じろうぎゅう)・・・四国で3番目に高い山へ、お天気が良ければ行けるのかも、、それにしても雷や強風の予報ハズレますように!!

さぁっ、ちぃ&かめぴー、百名山27座目の開始です♪(4月29日)

登山口の見ノ越までの道は舗装はされてるけど狭くカーブが多く標高を上げていくので、ここですでにちぃは車酔いしそうでした(笑)

剣神社の横から登山道は始まるので長い石段をのぼり神社にご挨拶をして・・
DSC_1333.JPG

登山道は整備されて歩きやすく分かりやすかったです。
DSC_1334.JPG

ところがっ、登りだしてすぐにちぃは気持ちが悪くなり体がおも~く超のこのこ歩きに★
標高の高さに慣らしてなかったことと夕食&朝食の食べ過ぎが原因らしく(涙)かなり歩いたとこで「もう、ムリやわ」とヘタレちぃに。かめぴーと相談の結果、もどって休憩して様子を見ることにしました。
駐車場まで下り、しばらくして登山リフトが動き出したので乗って途中まで再び登る事にしました、もし山頂まで行けなくてもリフトで下りてくることもできるので。
DSC_1336.JPG


リフトの西島駅について そこから山頂までゆっくり登る事にしました
登っている間にちぃも少しずつ復活ーー♪
あっ、山頂ヒュッテと山頂が見える♪ 頑張って歩きましょっ♡
DSC_1338.JPG

ここは「枝折・・しおり神社」修験の山なのか石碑や仏像も登山道にいくつも出現しましたよぉ
DSC_1341.JPG

山頂が近い場所にまだ雪が残っていました♪
DSC_1343.JPG

かめぴーが衣類調節してる間にちぃは雪だるま作成ー♪
ちっちゃな「のこのこ8号」さん♡、、ですが間違ってちぃは画像を削除しちゃいましたー(涙 
山頂直下に到着です、「剣山本宮宝蔵石神社」があるのでご挨拶♪ お隣には山頂ヒュッテがありました
DSC_1346.JPG

神社の後ろは巨岩あり後からみたらこんなにすごいですよぉ。巨岩の下に平家の落ち武者が宝を埋蔵したという伝説があるんですって☆
DSC_1347.JPG

あっ、あれが山頂かな!あと少しねっ♪ 
DSC_1349.JPG


「剣山」標高1955mの山頂です♪
近くにいた方が撮ってくださいました♪ ちぃは「剣山は四国で2番目の高さだよーっ!」って指、
なんとかめぴーはピースサイン、、ですって(笑)
DSC_1352.JPG


心配した強風もカミナリの気配もなく穏やかな山頂でおやつを食べつつのんびりと過ごしました

美しい稜線の先に見えるのは「次郎筏」剣山は別名「太郎筏」なのだそうです
山頂から次郎筏へと急な下りを歩きました。そこでかめぴーは足が痛いので剣山へ帰りの登り返しがつらくなりそうだから ここから見て待ってるからちぃ1人で次郎筏に登ってきてもいいよ、といいました。でも不思議なコトに美しい次郎筏をみてもちぃはどうしても登りたい、、と思いませんでした。
ずっと登りたいと思っていた剣山、途中までリフトを使ったことはとても自分としては残念だったけど
山頂まで登って来れた満足感でいっぱいでした。
DSC_1355.JPG

稜線の手前に下山する別ルートがあったので 今度はここから戻りましょっ♪
違うルートにはまた違った楽しさが待っているはず♡
DSC_1357.JPG


さぁっ、次回は下山です、どんな楽しいことが待っているかなぁぁ(*^0^*)

nice!(44) 

天城山 万三郎岳 [百名山]

前回の続きでーす

静岡県 伊豆市の天城山「万二郎岳」に登り 次は天城山の最高峰「万三郎岳・・ばんざぶろうだけ」へ向かいます。ちぃもかめぴーも万二郎、万三郎の名前の由来がとっても気になったけど、万一郎やら万四郎とかあるのかしらぁ?って笑)

万郎二岳からの下りはちぃの大好きな岩ゴロゴロで急でした(笑)
DSC_0730.JPG


わぁっ、不思議なオーラを放っている木がありますよぉ!!
DSC_0731.JPG

ここは「馬の背」万二郎岳より標高がたかくて1325m.
アセビのトンネルがありますよっ♪
DSC_0743.JPG


大きな木と遊びながら楽しく登り続けます♪
DSC_0745.JPG

少し下りてしばらく行くと 「石楠立・・はなたて」に到着♪ ここはシャクナゲが群生してる場所♪
DSC_0744.JPG

あっ、これはっ、シャクナゲの蕾? 寒いのに頑張ってる♪ 春には美しい花が咲くのね♡
DSC_0758.JPG

さぁっ、お天気がガスガスになってきたけど頑張って登りましょっ♪
DSC_0761.JPG

万三郎岳の直下は急騰で雪が凍ってツルツル―ー☆緊張しつつ登ります
DSC_0762.JPG

そして着きました♪
天城山の最高峰、日本百名山の一座「万三郎岳」(標高1405.3m)です♪
「百名山26座目の万三郎岳ですっ、ガスガスで富士山は見えないけど、うれしいなわっしょい!!」
DSC_0769.JPG

山頂は狭くて木々に囲まれています。いまはらくようしてるから晴れてたら富士山が見えるのかなぁぁ
行動食を食べて休憩したら涸沢のほうへ向かいます
ここで登ったルートをピストンで戻れば良かったなー、、ってちぃもかめぴーものちのち後悔したのでした☆

涸沢までは540段の木段を下りるのですがなんと凍ってつるっつるーー☆ちぃはうるさく騒ぎながら
おりましたよー(笑)
DSC_0772.JPG

涸沢を過ぎたら 片側切れ落ちた狭く薄暗い樹林帯登山道をアップダウンしつつ登山口にもどるのですがゴロゴロ岩の箇所や崩落したあとの狭い道もありとても長ーーく思えました
DSC_0779.JPG


それでも大きな葉っぱを見ては笑ったり・・
DSC_0780.JPG


張りまくった木の根っこをみては木の生命力に驚いたり、、
DSC_0787.JPG


何よりも霜や雪がとけた登山道はベタベタの泥んこ、、滑りかけたちぃが素早く木の根っこを掴んだので かめぴーはちぃの反射神経を絶賛しました(笑)
でも展望がなくお天気も悪かったので帰りのルートは かめぴーは「登りのルートは超楽しかったなぁ、、帰りのルートは心が折れかけた・・」そうですっ(笑)
DSC_0795.JPG


初めて登った天城山、この日富士山は見ることが出来なかったし お花もさいていなかったけど アルプスの山々にはない素晴らしさがあるなぁってちぃは思いました♪ 登りのルートはほんと楽しかった♡
きっと下りのルートも春に雪がとけてたら楽しめる道だなって思いました♪
素晴らしい天城山に登れたこと、楽しく天城越え――が出来たことを山の神さまに感謝しつつ伊豆をあとにしました


最後まで読んでくださりありがとうございます(*^-^*)

天城山 [百名山]

すっかりブログがのこのこ更新になっています(^^)


さぁっ、ちぃ&かめぴー、百名山26座目の天城山への登山です(2月26日登山)


天城山(あまぎさん)・・・静岡県の伊豆半島中央部にある山脈。最高峰は万三郎岳、万二郎岳、遠笠山などの山々から構成されている。日本百名山に選定されている
DSC_0657.JPG

ルートは天城高原ゴルフ場→四辻→万二郎岳→石楠立→万三郎岳→涸沢分岐点→四辻→天城高原ゴルフ場です。8.7km、休憩を含まないコースタイムは5時間30分ねっ。
天城高原ゴルフ場の登山者用駐車場に車をとめて(無料)なぜか立派なトイレは鍵がかかって使えませんでした
出発でーす♪伊豆は暖かいと思っていたら寒かったなー
DSC_0708.JPG

はやくも雪も出現。。
DSC_0709.JPG


登山道はマーキングもあり標識もとってもたくさんあり分かりやすいルートでした(^^♪
まずは1つ目の山、「万二郎岳・・ばんじろうだけ」標高1299mを目指しますよぉ
DSC_0710.JPG


登山道は木の階段やガレた道、急登と楽しい登山道♪ 倒木がきれいな苔に覆われてたり
DSC_0713.JPG


「わぁっ、大きな岩やわー、ちょっと待って、ちぃがどかすわ、よいしょっと!!」(笑)
DSC_0714.JPG


あっ、氷みつけ♪
DSC_0715.JPG


これは天城ツツジとプレートが付いてます♪ ツツジもこんなにおっきな木になるんだね、ビックリ☆
DSC_0718.JPG


この時まではまだ木々の間から富士山が見えました♪
DSC_0724.JPG



楽しく登り続けて 1座めの「万二郎岳」標高1299mの山頂に到着♪ 山頂は狭かったです
DSC_0726.JPG


「一つ目の天城越えだよ、わっしょい!!」あららっ、斜めってる(笑)
DSC_0727.JPG

さぁっ、次は「万三郎岳」あの一番奥の山ねっ♪ がんばりましょっ!
DSC_0729.JPG

次回につづきまーす♪(*^0^*)/


冬の霧ヶ峰 [百名山]

12月24日のクリスマスイブ、、三連休だし山も行きたい、でも年末年始のお出かけも控えてる。
かめぴーの希望は先週「蕪山」でたっぷり歩いたので今週は軽めに、、ちぃはホワイトクリスマス的な登山がいいな、、ということで霧ヶ峰に行くことに決定!

霧ヶ峰・・・長野県にある。日本百名山に選ばれている。 最高峰は「車山」(標高1925m)
雪の日も雨の日も、今まで何度か登った霧ケ峰。でも12月に行くのは初めてです。
最高峰の車山には駐車場から1時間ほどの登りなので超ラクラクです。天気予報では日中の気温はマイナス6℃らしいけどだいじょうぶっ!


さぁっ、「クリ登山」へ張り切って出発ーーー♪
車山肩の駐車場についたさすがに車は数台とまっているだけでした。駐車場の気温はマイナス3℃

まわりの草は冬枯れして霧氷?みたいに一面、真っ白できれい、陽射しを受けてキラキラ輝いています
「わぁーっ!おぉーっ♪ きれいだねーーー!」 ちぃはキョロキョロ忙しかったです
かめぴーは山雑誌「ランドネ」ふうに ちぃを撮ったらしい・・・(笑)
DSC_1431.JPG


富士山はチラっと見えただけで雲に隠れちゃったなぁ。。八ヶ岳も雲の中、南アルプスの山々は美しく見えてる!!
DSC_1434.JPG


雪山を期待してきたのにちぃもかめぴーもアイゼンを車にのせるのをすっかり忘れてたー☆
しかも、なぜか かめぴーはヒップソリはしっかり積んでいました(笑)
でも、雪は登山道のあちこちにあるけど少ないのでトレッキングシューズで歩けました♪良かった―!

霜柱もおしゃれにカールしていますよぉ かわいいな
DSC_1440.JPG

草たちも、負けてはいません、とってもおしゃれさん
DSC_1451.JPG

クリスマスなので 2人で知ってる限りのクリスマスソングを大声で歌いつつ登りました、が、途中でなぜか 星野源さんの「恋」にかわっちゃったりしたけど(笑)

白い草原はあまりに美しくてなんども立ちどまってしまうね。。
DSC_1445.JPG


きっと雪に埋もれる前の今、この時間にしか見ることができない美しさなんだ・・・
DSC_1446.JPG


山頂につきました♪ わぁっ、ガスガス~、さすが霧ケ峰、期待を裏切らないですっ(笑)
DSC_1456.JPG


山頂神社にまずはご挨拶しましょっ
DSC_1461.JPG


山頂は風が吹いていたのでレーダードームが風を遮ってくれる場所で カップ麺を食べてひと休みねっ
あっ、青空が見えてきた、「かんぱーい!」
DSC_1468.JPG


霧が凍ってキラキラとまるでダイヤモンドダストみたいにきれいで ちぃもかめぴーも浮かれまくりました!
残念だけどキラキラは写真にはオーブみたいに写って 上手く撮れませんでした(涙)

でもでも、こんな小さな虹、アークかな、、がでましたよぉ
DSC_1476.JPG

虹はしばらく見えていたので 2人でパシャパシャ撮りまくり、、でした(笑)

こんな荒涼とした光景だったり、、、
DSC_1496.JPG


青空がまぁるくのぞいてたり・・・
DSC_1498.JPG


白い草原と重い雲の狭間に見えるキラキラな街並み、、
DSC_1500.JPG

標高の高い山の眺めはとってもドラマチック♪ 寒~い360℃の山頂を駆け回りわたしたちは大喜びで冬景色を眺めました!

風が強くなってきたね、、そろそろ下山しましょう・・
DSC_1503.JPG


同じルートでクリスマスソングを再び歌いつつ(笑)下山しました

高い所には とりあえず登ってみよう♪
DSC_1510.JPG

わぁっ、ちぃももれなくーー♪
DSC_1512.JPG


神さまからの美しい冬のプレゼントをたくさん頂いて クリスマス登山は楽しく終わりました、、が、超寒かったです、 もぅっ、顔面凍りそうでしたよぉ(笑
DSC_1436.JPG



ご訪問ありがとうございますm(^^)m

金峰山番外編 [百名山]

金峰山のおまけのお話です

金峰山のランドマーク的な存在のでっかい「五丈岩」。。。高所苦手ちぃだけど岩登りは大好きなので少しでも登りたい、、と秘かに思いつつ山頂へと着きました。五丈岩を眺めながらカップ麺食べてる間もちぃはソワソワ~(笑)
う~ん、女の人は1人ものぼってないわ、、なんでやろ?まっいいか・・・かめぴーに「じゃ、ちぃ登ってみるね」って言ったら かめぴーは「なにぃー、登るんかぁ」と驚いてましたよぉ(笑)

張り切ってチャレンジしてみたけど。。。まず黄色い線のように登り赤マークの中に立ちました♪
ちぃは背が低いので手足の長さが足りない、当然、岩にはロープやホールド、スタンスもないので 風化した登った人たちの跡らしきものがあるのみなので自分で手掛かり&足掛かりをさがしながらワクワク~✰
DSC_0443.JPG

更に黄色マークまで登ることが出来ただけで終了~★ あ~っ、身長があと1mあったらなーー(笑)
でも最高に楽しかったな♪
DSC_0449.JPG


かめぴーもチャレンジ! でもでも 岩の隙間で固まり「もう限界やぁーー」のサイン(笑)
五丈岩の上に立っている人は ちぃと同じ位置にいる時お話ししたのですが「この岩に登ろうと今日は金峰山にきたんです」と言われていました。頑張ってクリアされていましたよぉ。
DSC_0457.JPG


こうして楽しい岩登りは終わりました♪ 次に行くときもまた登って見たいなーー(*^m^*)


登山口の大弛峠は紅葉がきれいでした

たくさんの唐松の黄葉、ちぃは初めて見ましたよぉ!!
DSC_0492.JPG


青空、雪、雲、美しい山々、楽しい岩登り、紅葉・・・楽しい登山ができたことを山の神さまに感謝しつつ帰ってきました。
「金峰山」。。。と~っても素晴らしい山でした(^0^)/


登ろう♪金峰山 [百名山]

今週は 金峰山の山の神さまが「のぼっておいでよ」と言ってる、とちぃが言い張るので ウチからは遠いけどかめぴーも大喜びで賛成しました、今まで行こうといっても「えーっ、遠いし金峰山はそんなに登りたくないなぁ」ってちぃはサンザン渋っていたので「どうしたちぃ!」って思ったらしい(笑)

金峰山(きんぷさん)・・・山梨県甲府市と長野県南佐久郡川上村の境界にある標高2,599 mの山。日本百名山の一座です

ルートはいくつかあるし瑞牆山とセットで登るのもいいのですが 宿泊したい山小屋が予約でいっぱいだったので日帰りでコースタイムが1番短い「大弛峠・・おおだるみとうげ」からのピストン(往復)にしました
下山してから自宅に帰るのにさらに6時間はかかるので短時間で登れるルートがあるのははうれしいことです

まだ夜明け前の「大弛峠」をクネクネと車で登り駐車場に着いたのはAM6時半。。。すでに駐車場は満車で路肩にとめました。トイレは駐車場横にあり無料ですが美しくはなかったです(笑)

峠に入る前は星空、三日月がきれいだったのに なんと近づくにつれてすっぽり雲の中に入っていき、登山口はガスガス~。しかも寒いわぁ✰
DSC_0400.JPG

かめぴーは口にはださないけど思ったらしいです・・・「ちぃのシックスセンス、今回ハズレやないかぁ」
ちぃは口には出さないけど「ひえ~っ、ガスガス、寒いなか登るのかっ、車内で暖をとり暖かくなってからのぼりたいよぉー」(笑)

それでもかめぴーは非情にも「さっ、登ろうぜ」って言いました(笑)
いつもなら登山口の張り切りポーズ、ちぃは寒くて手を温めて、かめぴーも手が凍えそうでブレブレの写真(笑
トイレの水が氷水みたいで手が凍りそうでしたっ
DSC_0402.JPG

さぁっ、金峰山へも向かって出発ーー♪

ルート・・・大弛峠~朝日峠~朝日岳~鉄山分岐~金峰山 休憩を含まないコースタイムは4時間30分

樹林帯のあちこちには最近降ったらしい雪、霜柱もあります・・もう山は冬の始まりだね
DSC_0408.JPG

「おかしいなぁ、、登っておいでよ、、は間違いだったのかっ?いや、きっと晴れるはずやわ・・・」ソーラーちぃは
太陽が出てないからなんとなくションボリ。。
DSC_0409.JPG

それでも頑張って1時間ほど登ると晴れてきました。 そして わぁっ、富士山の美しい姿が!!
DSC_0412.JPG

美しい縞枯れの稜線を歩く、、青い空♪ 晴れてうれしいな♪
DSC_0418.JPG

振り返って国師岳方面、、 木にはさっきまでの霧が凍って霧氷になりキラキラ♪
DSC_0415.JPG

朝日岳(2579m)のピークは狭くて「山」って三角点に書いてあるだけなので大笑い~♪
DSC_0476.JPG

朝日岳にはベンチがありひと休み。。あっ金峰山の山頂が見えるね♪ 
DSC_0419.JPG

岩の急登を下り樹林帯を再びアップダウンしつつ。。。
DSC_0423.JPG


振り向くとほらっ、こんなに空に近い場所まで登って来たんだね
DSC_0428.JPG


青空の向こうにはきっと山頂があるはず・・・
DSC_0429.JPG

着きました♪ 「金峰山」2599mの山頂です
「ちぃ&かめぴー百名山25座目です♪ 美しい金峰山に感動のひゃっほーー!!」
DSC_0437.JPG

岩ゴロゴロの楽しい山頂からは。。
たくさんの山を従えたような美しい富士山が見えました
DSC_0434.JPG


金峰山のランドマーク「五丈岩」と遠く南アルプスの山々や。。
DSC_0432.JPG

八ヶ岳と瑞牆山が見えました♪
DSC_0440.JPG

「素晴らしい金峰山と五丈岩にかんぱーーい!!」
DSC_0441.JPG

「登れて良かったね・・楽しいな♪ わっしょぃ!!」
DSC_0461.JPG

「そうやなぁ、素晴らしい山やね、また登ろうね」
DSC_0480.JPG


時間が早かったので山頂でのんびり過ごしたのち同じルートで登山口へと下山しました
ランドマークの「五丈岩」は 金峰山番外編として書きたいと思いまーす(笑)

最後まで読んでくださりありがとうございますm(^^)m

至仏山 山頂 [百名山]

昨日の続きです

小至仏山の山頂は狭く人でいっぱいでした。
宿の人の話では 尾瀬のお天気はずっと良くなくて この土日は久しぶりの良い天気、、とのことだったので
登山の人も多かったのかなぁ。。

下から見えた至仏山はなだらかだった、、きっとあっという間に山頂のはず、、とちぃは思っていました
「さぁっ、かめぴー、あとひと登りだよーーっ」
DSC_0138.JPG

ところが・・・いつものように違いました。ピークの先には またしてもピークがっ!(笑)
ツルツルの蛇紋岩と闘いつつ登ります。。
DSC_0133.JPG

ハイマツに押されながら進み。。
DSC_0139.JPG

辿り着いた「至仏山」の山頂は な~んと狭くて人がぎゅうぎゅうにいましたー(笑)
DSC_0150.JPG

三角点にタッチしたくても人、人、、
「すみませ――ん、通ります!」と言いつつ三角点にターッチ♪ あっ、誰かの足が写ってるー(笑)
DSC_0144.JPG


ひゃっほーも2人では撮れそうになく かめぴーが「ちぃっ、今やーー!」と言ったので 
控え目な記念写真を(笑)
DSC_0142.JPG


座る場所もなさそうなので 山頂で休憩はあきらめて 少し降りた 岩場でひと休みしましたよぉ✰

「人がいっぱいの至仏山の山頂にバウムクーヘンでかんぱーーい!」
DSC_0149.JPG


美しいなぁ。。空も山も雲も。。山頂の右側には尾瀬ヶ原や燧ヶ岳が見えてる♪ うっすらとですが富士山も見えました♪
DSC_0145.JPG


登ってきた小至仏山も見える・・
深呼吸を繰り返して ぐるっと広がる山々を眺めます。遠かったけど来れて良かったね♡
DSC_0146.JPG

のんびり休憩したのち下山するため 小至仏山へ登り返しました♪ 小至仏山は人が少なかったので
登りで撮れなかったひゃっほーを山頂にいた人に撮って頂きました♪

「素晴らしい至仏山、小至仏山に登れました!!美しい晴天の尾瀬に感動のひゃっほーー!!」
山頂狭いのでかなり至近距離~(笑)
DSC_0156.JPG


再び長ーい階段を下り 木道の脇に広がる草黄葉を眺めつつ・・
DSC_0111.JPG

紅葉のトンネルをくぐり・・・
DSC_0082.JPG


登山口の「鳩待峠」へ戻りました。

紅葉、青空、ツルツルの蛇紋岩、ぎゅうぎゅうの山頂、美しい山々、つらかった長ーい階段、どれもとっても楽しかったなぁ・・・
あっ、一つだけ残念なコトがある、、至仏山のどこかで尾瀬の歌をかめぴーと歌おう!、、って決めてたけど人が多くてさすがに恥ずかしくて歌えなかったですっ(笑)
初めて来た尾瀬、、すてきな山旅が出来たことを 山の神さまに感謝しつつ戸倉へと戻りました♪
DSC_0176.JPG

最後まで読んで下さりありがとうございますm(^^)m