So-net無料ブログ作成

雪山のトレーニング [登山]

前回の続きでーす。ヒソヒソ、、帰ってからお天気が続いて家事が忙しく記事が遅れています(笑

山の天気予報は「登山に適さないC],,と悪かったけど11月25日新穂高温泉に宿泊、
翌日に新穂高ロープウェイに乗り西穂高岳の「西穂高山荘」近くまで登ることにしました
起床時は青空も見えていてお宿の人は「こんな良いお天気は久しぶりよ」とのことでしたが・・・

昨日は見えなかった百名山で岐阜県の最高峰「笠ヶ岳」も美しい姿で登場~♡
「来年はそちらに行けますようにーー!!」、、って眺めながら叫ぶちぃに かめぴーは「冗談やろ・・」とつぶやいてましたがっ(笑
DSC_0354.JPG

ロープウェイの駅への道はこのようにツルツル&ガチガチに凍っていましたー、こんなときの運転は
かめぴーにおまかせで ちぃは横で「うわーっ、ひゃ~っ!♪」とうるさく騒ぎましたっ
DSC_0353.JPG

新穂高温泉駅(標高1117m)から第一&第二ロープウェイを乗り継ぎ 西穂高口駅(標高2156m)まで登ります。駅の建物は、、撮っていません。乗車時間は迫った時、2人とも大切な軽アイゼンを車に置いたままだったのに気が付き かめぴーがダーッシュで取りに行くという事件があったのでした(笑

ふーっ、無事にロープウェイに乗り・・・車内は定員でぎゅうぎゅうでした、お天気が悪くても観光の人がいっぱい☆
窓から槍ヶ岳も見えましたが人大杉で撮れず(涙)
焼岳は撮ることができましたよー♪
DSC_0361.JPG


後方には錫杖ヶ岳♪
DSC_0359錫杖ヶ岳.jpg


だがしかし、第二ロープウェイに乗るころにはすっかり怪しげな空模様になりましたー✰
駅DSC_0367.jpg

どんより~~★ 朝なのにまるで夕方みたいな薄暗さ・・・モノクロじゃないですよぉ(/□ω□)/
DSC_0366.JPG

風は吹いてないので とりあえず登れるところまで登ってみよう、と出発ー♪
ちぃは思ったより盛り盛りな雪、しかもパウダースノーで超浮かれています♪♪
DSC_0370.JPG

アップダウンして歩き あっ、西穂高山荘の屋根が見えました♪
どんよりなお天気はかわらないので 今日はここまでで撤退することに決定!
DSC_0377.JPG


ここが今日の私たちのピークでーす♪
雪だるまを作ろうとしたけどサラサラで固まらず、でした
DSC_0379.JPG

あっ、あの木に魔法をかけるねーっ!!
走って近づいたら きゃーーっ、踏み抜いて転倒―(笑
DSC_0382.JPG


「アパレシウム!! 現われよ、光の精!!」
わww、曇りなので魔法は失敗――(爆
DSC_0384ティンクル.jpg


楽しく遊びつつロープウェイの駅へと戻りました♪
駅の展望台には大きな雪だるまの「にしほくん」がいましたよぉ♪
DSC_0396.JPG


盛り盛りな雪で楽しいトレーニングができましたー(*^0^*)
楽しかったなー、また晴れた日に登りたいな♪
盛り盛り.jpg


ご訪問ありがとうございますm(^^)m
nice!(32)  コメント(15) 

上高地~河童橋~岳沢登山口 [登山]

昨日の続きでーす
河童橋は人でいっぱいでした。
写真を撮る人で混雑。

穂高への登山口の岳沢登山口(だけさわとざんぐち)を見に歩いてみました

水映る空はきれい♪ ここでかめぴーが「でかい魚だっ、30㎝以上はあるなっ、ここの主かも♪」と叫んだけど ちぃには見えませんでした。ヒソヒソ、、かめぴーが見てちぃには見えなかったコト、過去にも数々あります、不思議すぎるーー(笑
DSC_1638.JPG

ここが岳沢への登山口ねっ♪
DSC_1633.JPG

どんな道なのか少し登ってみましたよぉ。小さな沢沿いのゴロゴロ石の登り、楽しそうー♪
DSC_1634.JPG


しばらく登ってから下山、河童橋をあるいてバスターミナルへ戻ることにしました♪

木道を歩いていたら1匹のお猿さんがっ、、周りには他の猿は見当たりませんでした
1匹でウロウロしています
群れからはぐれたのかなぁ。まだ小さいお猿さん、元気で大きくなれますように!!
DSC_1639.JPG


河童橋に戻るころには穂高連峰は雲がかかっていました
黄葉越しに穂高をながめよう♪(*^-^*)
DSC_1644紅葉と穂高.jpg


清らかな梓川の流れは見てるだけでココロの埃を洗い流してくれそう♪
DSC_1650.JPG


バスターミナルで くいしんぼちぃ、恒例の「河童焼き」をっ(笑
DSC_1652.JPG


シャトルバスであかんだな駐車場に戻りました♪
あかんだな駐車場のもみじもきれいだったなー♡
DSC_1653あかんだな紅葉.jpg

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^^*)


ご訪問ありがとうございますm(^^)m
nice!(41) 

上高地~田代池 [登山]

大正池から歩いて次は田代池です♪
木道やカラマツの黄葉を眺めながら歩く、、上高地の水はとてもきれい♪
DSC_1579.JPG

あっ、寄り添って毛づくろいするお猿さん♪ 静かに通り抜けてねっ♪
DSC_1587.JPG


田代池に到着♪
草黄葉が広がる場所は50年まえは池の一部だったそうです。
DSC_1588.JPG


今は小さくなった田代池・・とても美しい池♪
神秘的な美しさの田代池がちぃは大好き♪ 4月に来たときは残雪でとてもきれいだったなぁ♡
この池も何十年かすぎたら森になってしまうのかしら・・
田代池.jpg

さぁっ、河童橋めざして元気良く歩きましょっ♪

う~ん?
一列に並んだ穴は虫さんの仕業なのかっ??(笑
DSC_1597.JPG


ぽわぽわさんも発見?
ぽわぽわDSC_1606.jpg

カラ松の黄葉と美しい梓川を眺めながら歩きます♪
DSC_1609.JPG


ここは撮影ポイント☆ たくさんの人が写真を撮っていました♪
ちぃ&かめぴーももれなく(笑
「いつかは登ろう穂高連峰!!♪わっしょい♪」
DSC_1611穂高をめざそう.jpg


歩き続けて上高地バスターミナルに着きましたー♪
DSC_1618.JPG


くいしんぼちぃ、ここまでの間にすっかりぺこぺこ★
お昼には早すぎだけど バスターミナル横の「上高地食堂」で
かめぴーはざる蕎麦、ちぃはビーフカレーを食べました。(大きなバックパックやトレッキングポールはそとのテラスに置いて入店してください、と書いてありました)

カレールウたっぷりでしたー、美味しかったな♡ ヒソヒソ、、かめぴー、撮る前に食べちゃった(笑
DSC_1619.JPG

さぁっ、おなかも満足したし、河童橋、そこから「岳沢登山口」を確認しに行きます♪
続きま―す♪

ご訪問ありがとうございますm(^^)m

nice!(35) 

焼岳~上高地 [登山]

10月24日、さぁっ、それではまず 紅葉を見に焼岳へ行って見ます

焼岳(やけだけ)・・・長野県と岐阜県にまたがる山。標高2455m。
安房峠を走り登山口へ到着♪ 途中の道路から見えた焼岳も冠雪していたので ちぃが風邪気味なので
紅葉している登山道を歩いて紅葉がなくなった場所で下山する、と決めました。

登山道は前日の台風の後なので雨でぬれているけどカラフルな落ち葉がいっぱい♪
DSC_1546.JPG

登山口が標高1600mぐらいなので紅葉もずいぶん下がってきたのねー♡
朝のキラキラの黄葉♪&紅葉は2年前と変わらずきれいでした♪かめぴー、テンション↑↑
DSC_1553.JPG


ちぃも↑↓→とキョロキョロ(笑
DSC_1555焼岳.jpg

ところがっ、しばらく登ったら緑色とすでに葉っぱの落ちた樹林帯に突入☆
紅葉が終わった場所でちぃ&かめぴーの登る意欲もたちまち↓↓(笑

下山して「今が紅葉見頃なはず」の上高地へ向かいました
あかんだな駐車からシャトルバスで出発ー♪
DSC_1563.JPG

まずは大正池で降りなくてはーー♪
だって朝の大正池はきっと美しいはず♪ バスを降りて、大正池には人だかりしていました。
ちぃは階段を駆け下りましたよぉ♪ 美しいこの瞬間を見逃さないように、、ねっ♡
鏡のような大正池にさかさまに映る焼岳♪ 
それは 少し寒くなった美しい空気の中にまるで絵画をみているみたい♡
焼岳DSC_1565逆さ.jpg


穂高連峰も美しい姿を現していました
でも穂高を映すほうは 台風の雨からの水なのか 池にたくさんの水が流れ込んでいて水面が波だっていました。 でもでも美しいなー♡
向かって左側の雪の山々が穂高連峰、連なる右の黒いトンガリな山々は明神岳ねっ♪
DSC_1567穂高、大正池.jpg


人がいっぱいだったけど隙間でひゃっほーを(笑
わぁっ、カメラも美ししすぎる大正池にビックリしたのか こんなファンタスティックな1枚になりましたー☆
「美しすぎる大正池に感動のひゃっほーー♪」
DSC_1573ファンタスティック.jpg

 自然観察道路を歩いて次は「田代池」へ向かいます♪
続きまーす(*'▽')ノ
ご訪問ありがとうございますm(^^)m
nice!(34) 

御嶽山 [登山]

3年前の 2014年9月27日は御嶽山が噴火した日です

同じ週の9月23日に私たちは御嶽山に登っています
噴火のほぼ同時刻に晴天の山頂で楽しく過ごしました

噴火の日、、きっと登られた方々も山頂からの美しい風景を眺められ、楽しく過ごされていたはず・・
あの日から「御嶽山」は私たちにとって忘れられない山、忘れてはならない山になりました

亡くなられた多くの方々のご冥福を心からお祈りいたします

IMG_8574.JPG
nice!(32) 

双六岳~④ [登山]

双六岳から双六小屋へ下りて食事をしてゆっくりと鷲羽岳を眺めて過ごしました♪
カッコいい鷲羽岳にコーラでかんぱーい!
登りたい山がまたちぃの中に一つ増えました♡
DSC_0861乾杯.jpg


こちらは「樅沢岳」ここから槍ヶ岳への西鎌尾根へと続くのね♪
朝食で一緒だったおじさまが「西鎌尾根は歩いても歩いても槍ヶ岳が近くならない」と苦笑されていました。槍ヶ岳への道は遠いんだねー☆
DSC_0863.JPG

いつまでも眺めていたいけど出発です・・


テント場の前の池♪ あんなに良い天気だったのに雲が降りてきました
DSC_0864.JPG


振り返ると双六谷がどんどん離れて行きます
まるで鷲羽岳が見送ってくれているみたいだね♪ また鷲羽岳めざしてこの場所へ登ってきたいな・・
DSC_0867双六谷.jpg


楽しく登った双六岳もガスに包まれてきた・・
美しい山だなぁ♡
の双六DSC_0874ガス.jpg

鏡平山荘まで下山、宿泊の受付を済ませたら・・
DSC_0885.JPG

楽しかった双六岳の山旅にかんぱーーい!
生ビールがしみる~ぅ♪
それにしても、、もぅ、お腹いっぱいなガスガスな光景~(笑
DSC_0884かんぱい.jpg


朝になりちぃはソワソワ~、なんとか晴れているっ、鏡池に逆さ槍は映ってるかしらーー??
わぁっ、鏡池は静かに美しく槍ヶ岳や空の雲を映していました♪
DSC_0907.JPG
「鏡池の逆さ槍はとーっても美しいな!わっしょい!」
近くにいた人が撮ってくださいました♪
わっしょいDSC_0938鏡池.jpg


楽しく双六岳に登り槍ヶ岳や北アルプスの深部の山々を眺める、山小屋の名物を食べる、鏡池に映る槍ヶ岳を眺める、、これで今回のちぃの希望はすべて満たされました♪
さぁっ、山の神さまにココロから感謝しつつ下山ですっ♡

もちろんっ、帰りも「熊のおどり場」では もれなく踊らなくてはーー(笑
ダンス.jpg


楽しかったね・・・またこの楽しい「小池新道」を歩きに来ましょう♪ まだ行ったことがない山へ、、そして見たことがない風景を眺めに♪
あじさいDSC_0970.jpg


最後まで読んでいただきありがとうございますm(^^)m
nice!(34) 

双六岳~③ [登山]

双六小屋に到着したのは 早かったのですが、外はガスガスなので双六岳に登るには翌日にして のんびり過ごしました。夕食を食べ すぐにちぃは爆睡(笑 
深夜にかめぴーが星を見にいこ♪というので出てみたらすっきり晴れて満天の星空でした。。でもでもちぃのデジイチでは星空はうまく撮れず、でした(笑

朝になり日の出の時間♡ やったーー、晴れたわぁぁ♡
DSC_0739.JPG

昨日はガスガスでまわりの風景は見えなかったのでちぃはワクワクと外へ出ましたよぉ♪
「槍さまはどこーーっ?!」 ☆なんと双六谷からは槍ヶ岳はみえない!!
双六小屋からは槍ヶ岳が見えるのだ、、と思っていたちぃはビックリでしたー(笑

気を取り直して、、わぁっ、なんと美しい鷲羽岳♪
岳鷲羽.jpg

双六岳方面♪ うんっ、良いお天気♡早く朝食を食べて登りたいっ!!
DSC_0742.JPG


朝食の後、準備をしてしゅっぱーつ!!
あの道を登るのね♪ 楽しそうだなぁ♪
DSC_0749.JPG

初めて見る双六岳への道、、のびやかで素晴らしいね・・
さぁっ、ココロの扉を思いっきり開いて登りましょっ!!
DSC_0760分岐.jpg


かわいいトンガリさん、かわいいな♪
DSC_0763.JPG

槍ヶ岳や穂高連峰も見えてきました♪
DSC_0764中道から.jpg

ゴロゴロの岩場、、「これを過ぎたら平担になるから頑張って!」と下山する人が声をかけてくださいました♪
DSC_0771.JPG


登りきって そこが山頂♪、、と思っていたちぃはビックリ!!
あれーーっ、誰もいない! 三角点はっ? 山頂はどこーー??
ずっとずっと先に見える山、、そこに人影がっ、、かめぴーはあっさりと言いました「ちぃ、たぶんあれが双六岳のピークやて」(笑
まぢで?.jpg


ビックリ&ガッカリしたちぃでしたが まわりを見れば・・
右のトンガリは笠ヶ岳、そして雲海の向こうには乗鞍岳と御嶽山♪ なんいう贅沢なロケーション♡そして後を振り向けば槍さまっ♪
たちまちちぃのテンションはMAXになりましたー(笑
DSC_0780笠.jpg

張りきって歩いて「双六岳(標高2860m)の山頂です♪
「素晴らしい双六岳に登れて感動と感謝のひゃっほーー!」
DSC_0794山頂.jpg

山頂からは槍、穂高、黒部五郎岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳などの名峰が見放題♡
ちぃは浮かれまくりそんなに広くない山頂をウロウロして眺めました
時間も早い、これからどうするのかな、、もしか三俣蓮華まで行きたい、あわよくばデポしたバックパックを取りに行って鷲羽岳までとか、、とよくばりちぃは思ったのですが かめぴーはここまでで今回は大満足、、と言いました。
そうねっ、いつもかめぴーはちぃの想いを中心に考えてくれる。今回も仕事疲れがとれないままちぃの
行きたい双六岳を選んでくれた♪ 無理をしないでまた登りに来ましょう!


山頂から見える素晴らしい山々をながめつつ ゆっくりと過ごしました♪
山頂に植物も♪ 苛酷な環境でも頑張る姿、美しいね
DSC_0805.JPG


かめぴーの会心の一枚☆「槍ヶ岳に向かって吠えるちぃ」
「槍さまーーっ、ちぃにおいでよメッセージくださいなぁぁぁ!」(笑
DSC_0803槍とちぃ.jpg

双六岳の下山は ルートを変えて三俣蓮華への分岐から中道へと歩いて双六小屋へ戻りました♪
槍ヶ岳を正面に眺めながら歩く道は長いのですが花も咲いていてとても楽しかったです
DSC_0828.JPG


ちぃの会心の1枚「まだ咲いていたチングルマに激喜ぶかめぴー」
「おーっ、ボクのために咲き残っててくれたのかもしれん♡」、、違うよぉ、雪渓の傍だから咲き残ったんだってば(笑
DSC_0844チングルマとかめP.jpg


双六小屋でかめぴーは名物の「五目ラーメン」を
DSC_0858.JPG

ちぃはカレーライスを食べました♪  どちらもほんとに美味しかった♪
鷲羽岳とカレーライス♡
DSC_0857カレー.jpg

このまま一気に下山する?、、かめぴーが「ちぃの見たかった鏡池の逆さ槍がまだ見れてないから鏡池小屋に泊まって明日下山しよう」というので 鏡池小屋へ向かいます。
さぁっ、ちぃは「逆さ槍」を見れるのでしょうか??明日のお天気、気になるー(笑

ご訪問ありがとうございますm(^^)m
nice!(35) 

双六岳~② [登山]

鏡平山荘で名物のかき氷を食べたのち 双六小屋をめざしてしゅっぱーつ♪
すぐに急登の登り♪
ガスが出現・・私たち、どんなとこ歩いてるの??、、状態(笑
うっすらと見える片側は谷でしたー☆
DSC_0677.JPG

笠ヶ岳への分岐「弓折乗越」に着きました♪ ベンチもある♪
「わぁっ、ここから笠ヶ岳へ行けるのねー♡何時間で行けるのかしらぁ♡」 かめぴーは軽くシカト、「ちぃっ、飲み物飲むかっ?」(笑
DSC_0683.JPG

雲に包まれ ちらっと見えるのは槍へと続く西鎌尾根かな♡
DSC_0681.JPG

さぁっ、また双六小屋めざして登ります♪
あっ、ハクサンフウロが咲いてる♪ かわいいな♡
ふうろ.jpg

ガッスガスの中を花を眺めながら歩いていたら、、
DSC_0688.JPG

わぁっ、雷鳥さんが出現♡ しかも4羽の親子でした♡
これはママかな♪ かなり近くまで来てくれましたよぉ♡ じっと見るとなかなかのオシャレな柄なのねー♪
DSC_0691.JPG


かわいい雷鳥さんたち無事に巣立ちして新しい家族が増えますように!!
雷鳥.jpg

雷鳥さんたちに癒され再び元気よく歩きます♪
アップダウンを繰り返し「双六小屋」がある双六谷(標高2800m)に到着♪
双六.jpg

わぁっ、かわいいミヤマリンドウがたくさん♪
目的地を前にちぃの足は超のこのこで花を眺めてばかり(笑
DSC_0712ミヤマリンドウ.jpg

双六小屋で受付を済ませ荷物をおいて 小屋回りをお散歩♪
ちぃは頑張ったごほうびに期間限定の「ホットネクター」を飲みましたよぉ。
DSC_0713.JPG

山の天気は変わりやすい・・今日1日で何度晴れたりガスったりしたかなぁ・・
このときも ガスに包まれて見えるはずの鷲羽岳やすぐそばの樅沢岳もみえません
「あしたは晴れますようにーー!!わっしょい♪」
ついたぞDSC_0718.jpg

さぁっ、次回は双六岳へ登りまーす(*^0^*)

ご訪問ありがとうございますm(^^)m
nice!(42) 

双六岳~① [登山]

9月2日~4日で北アルプスの双六岳へ登りました

双六岳(すごろくだけ)・・標高2860m 北アルプスの裏銀座の主稜線にある山。花の百名山に選定されている

1日目のルート
新穂高登山センター(標高1090m)~登山口~わさび平小屋~小池新道~鏡平小屋~双六小屋(標高2600m)(泊)
休憩を含まない登りのコースタイムは7時間

新穂高登山センターで登山届を提出。登山口へ向かって歩きます
ちぃもかめぴーも双六岳に登るのは初めてです♪
さぁっ、出発~♪
お天気は台風の通過予報なので曇り。お仕事疲れがやや残っているみたいな、、かめぴーの後姿☆
DSC_0583.JPG

しばらく歩いて登山口へ到着
DSC_0584.JPG

ここからしばらく沢沿いの林道歩きねっ
2人で歌を歌ったりお喋りしつつ楽しく歩いてたら 「おたすけ風穴」がありひんやりした風が岩の間からきます。真夏はきっと嬉しい涼しさだろうな♪
DSC_0589.JPG


途中には傾いた橋もあり、、
ひえーっ、大丈夫なのかしらぁぁ★
DSC_0590.JPG


ちぃは真ん中を走って渡りましたよぉ
「やったー、無事渡れたーー♪」(笑
DSC_0595.JPG

ここは笠新道。ここから百名山の一座、岐阜県の最高峰の「笠ヶ岳(標高2897m)」に登れるのねーっ
笠新道は日本屈指のキツい登山道らしい。いつか笠ヶ岳も登りたいなぁ、って呟くちぃにかめぴーはきっぱり言いました「登れる気がしない、試しに途中までのぼってく?」ちぃはきっぱり言いました「今日はやめとく!」(笑
DSC_0600.JPG


わさび平小屋(標高1400m)に到着♪ 
トイレをお借りできたり(協力金必要)美味しい飲み水が無料で頂けました♪
DSC_0603.JPG

小屋の周囲には くいしんぼちぃのココロをくすぐる数々がっ(笑
DSC_0611.JPG

ここにも♪
DSC_0969.JPG

さぁっ、先へ進んで、っと
いよいよ「小池新道」へ着きました♪ ここからは激登りの始まり。。
DSC_0616.JPG

ちぃの今日のコンディションは最高状態、かめぴーは「待たないでいいから先へ進んで良いよ」と言います。かめぴーはちぃのクマ鈴の音で距離を感じつつ登り、ちぃは かめぴーのポールをつく音、聞こえなくなると待つを繰り返しつつ登ります
DSC_0621.JPG

あっ、あれは穂高連峰ねっ♪
DSC_0625.JPG

ゴロゴロ岩の出て来る急登の小池新道は ちぃにはとても合うらしくバックパックの重さを感じず楽しく登れました♪ かめぴーはちぃがヘタレたら喜んで撤退するぞっ、、と思ってたらしいけど 残念、ちぃはサクサク登り(笑

秩父沢(標高1720m)です
DSC_0633.JPG

冷たく美しい沢の水♪ 青空も見えてきました♪
ひと休みして水を触ったりして過ごしました♪
DSC_0635秩父沢.jpg

登り続けて「シシウドヶ原(標高2090)まで到着♡
DSC_0648.JPG


なんて美しい空、そして雪渓も見えるねっ♪
DSC_0650シシウドヶ原.jpg

鏡平までここからあと1時間登り♪
登山道に木道出現・・・むむっ、「くまの踊り場」って書いてある?!
これはっ、踊るべきでしょっ♪
「かめぴーの熊ダンス~~♪」
DSC_0660.JPG

「ちぃの熊ダンス~~♪」(笑
DSC_0661.JPG

楽しく登り続けて「鏡平」(標高2300m)に着きました!!
鏡池は逆さに槍ヶ岳が映る人気の池です。今日はガスガスで槍は見えないなぁ。残念★
DSC_0666.JPG

ではでは、、くいしんぼちぃが楽しみにしていた「鏡平小屋名物」を食べに行きましょっ♡
DSC_0667.JPG

鏡平小屋名物のかき氷は 松本の美味しい氷屋さんの氷をヘリで空輸してあるそうです♡
繊細なかき氷は美しくとーっても美味しい♪
DSC_0670.JPG


かめぴーはガッツリ牛丼を♪ ちぃも試食したけど美味しかったなぁ。標高が高い山でこんなに
美味しいかき氷や牛丼が食べれるなんて頑張って提供してくださる山小屋の人たちに感謝です♡
DSC_0671.JPG

牛丼の番号札が楽しかったので パチリっ(^m^)
DSC_0669.JPG


鏡平には「ひょうたん池」もありこちらもきれい♪ おっきなオタマジャクシが泳いでいましたよぉ♪
DSC_0672.JPG

おなかも大満足、さぁっ、頑張って宿泊地の双六小屋を目指し急登を登ります。
続きは次回です(^^)

ご訪問ありがとうございますm(^^)m

nice!(41) 

中央アルプス 宝剣岳 [登山]

週末登山は一年に一度は登りたい中央アルプスの「木曽駒ヶ岳」を計画しました
ちぃハウスから高速道路で3時間ほど、、でも日曜日なので激混みすると想定、、深夜に起きて
出発したのですが なんとAM5時すぎでチケット売り場は販売開始前に長い列、、バスに乗るための列も数百人の列がっ(゚Д゚) なんとかバスに乗り、、つぎはロープウェイ♪
ロープウェイ乗り場では整理券が配布されましたがラッキーにもすぐ乗れました♡

ロープウェイの千畳敷駅をでたら、、わぁっ、こんなに素晴らしいお天気、これはっ、みんな登りたくなりますねっ♪
まずは乗越浄土めざして、しゅっぱつーー♡
DSC_0537.JPG

紫外線がハンパないので・・・かめぴースタイル
DSC_0544.JPG

今日はちぃもかめぴースタイルをまねっこ・・・フードを被って怪しげなスタイル(笑
DSC_0559.JPG


ほらっ、富士山も遠くに見えて南アルプスや雲海が美しいね♪
あの日、富士山の山頂からちぃが眺めてたように 今朝も晴れた富士の山頂から遠くの山々を眺めている人たちがいるんだろうなぁ♪
DSC_0542.JPG


乗越浄土(標高2870m)に到着
すでに、たくさんの人で賑やか、そして登山道には登って来るたくさんの人、、今日は木曽駒ヶ岳に登るつもりできたけど 帰りのロープウェイは12時過ぎると3時間待ちになると予想されます、、と案内が流れていたので「どうする?木曽駒への登山道も渋滞だよねー」、、かめぴーは乗越浄土までの急登の登山道が木曽駒の中で一番好きで「ボクはもう今日は、ここで達成感を味わったなぁ」宝剣岳はまだそんなに混んでいない、、ちぃは宝剣に登りたいな♪、、と話はキマリ♪

さぁっ、それではここからちぃはソロであのトンガリな宝剣岳へ登りかめぴーは岩に座って下から登るちぃを見守ることに(笑


宝剣岳の登山道へ移動、、ここでとりあえず、、
「美しい木曽駒の空が見れて嬉しいな!! 右側の山は 御嶽山でーーす♡」
DSC_0581 御嶽山と.jpg


宝剣岳(標高2931m)・・中央アルプスにある 尖った三角錐の岩場の山
DSC_0566.JPG

さぁっ、それでは、荷物を置いてデジイチは岩場登りで危険なのでかめぴーに渡し、ちぃはスマホのみ持って行ってきま――す♪
DSC_0582いってきまーす.jpg

登山道は狭く、鎖場の岩場、片側が切れ落ちた箇所もあり 山頂も狭いので下りて来る人を待ち譲り合いながら一人ずつ登るので 途中所々で待つこと15分ほど。
DSC_0577.JPG


少し緊張しつつ登りきりました♪ 2度目の宝剣岳、、そしてちぃのソロ登山として三座目♪
山頂にいた人に撮って頂きました♪
「みなさーん、宝剣岳の山頂です♪ 山頂は大きな岩々で出来ていて 剣とかは刺さってないでーす」(笑)ちぃの向こう側は谷底です☆
KIMG0163.JPG

山頂は10人ほどしか立てないので登りを待つ人もたくさんいるので速攻下山しました♪
下りてきたら かめぴーはなんと、でっかい岩の上で寝てたー(笑
「ちぃはなかなか山頂に姿を現さないなぁ、、」と思ってるうちに寝てしまったらしい(爆)


これは宝剣岳直下にある「天狗岩」 優しい横顔の天狗さん♪
DSC_0578天狗岩.jpg

頑張ったごほうびその①、、宝剣山荘で美味しいソフトクリームを食べ
さぁっ、それではロープウェイが混まないうちに下山しましました♪
下山も渋滞気味でしたが くいしんぼちぃは 頑張ったごほうびその②美味しいソースかつ丼を食べるために 超張り切って歩きました(*^~^*)


ご訪問ありがとうございますm(^^)m



nice!(37)  コメント(13)