So-net無料ブログ作成

天狗倉山~山頂 [登山]

昨日の続きでーす

さぁっ、天狗倉山の登山道を張り切って登りましょっ♪
すぐに階段が始まります。
山頂目指して のこのこ登ります。この日はたくさんの人にすれ違いました。地元の方も多かったみたいで「この時期が雨も少なく一番登りやすい時期だよ」、、などなどお話を聴きましたよぉ♪
IMG_3480階段登り.jpg

登山道は急登、階段の段差も小柄なちぃにはえげつない箇所もありましたー(笑
それでも張り切って登るちぃに かめぴーが山頂近くで「今日は階段をぐずらずに登れたなぁ」とほめてくれました(爆)
山頂近くで道が2つに分かれています
どう違うのかな??右から登り下山は左からにすることに決定
IMG_3513.JPG

右は海がチラチラ見える右側が切れ落ちた狭い道、左は山頂の大岩を巻くように歩く道でした

ゴロゴロ大きな岩の隙間を登ったら・・
IMG_3512.JPG

山頂に到着!
山頂は広くはなく 木の根っこが張り木の梯子や 「役小角」をお祀りした祠がありました。それから金属の梯子のかかった大きな岩、反対側は展望が良いけど断崖(笑
無事に登れたご挨拶をしましょっ♪ 
IMG_3489.JPG

ご挨拶したのち 大岩を登ってみました♪
IMG_3492鉄の階段.jpg

大きな岩の上は広く素晴らしい眺めでした♪ あっ、あれは大台ケ原方面かなー♡
IMG_3494大台ケ原.jpg

反対のほうには 尾鷲の街並み♪
IMG_3496尾鷲の街.jpg

大きな岩に座ってのんびりと遠くの山や、美しい海、そして街並みを眺める、、岩のぬくもりと青い空、、なんてすてきな山♪
IMG_3503.JPG

「素晴らしい馬越峠と楽しい天狗倉山に感動のひゃっほーー♡」山頂にいた方に撮って頂きました♪
IMG_3499山頂から.jpg

のんびりしたのち梯子を下りて、、
IMG_3493.JPG

今度はもう一つのルートから下山しました
下山.jpg

馬越峠に下りて石畳を歩いて登山口まで戻りました
山頂で食べ忘れた三角のパンを途中で食べました、、山ではやっぱ△パンでしょっ(^_-)-☆
すてきな熊野古道にかんぱーーい!!
IMG_3515.JPG

古のロマンあふれる馬越峠、 アスレチックな天狗倉山、とっても楽しい山歩きでした
あっ、天狗さんには会えませんでした、そして山頂には倉も建ってなかったでーす(^艸^*)


ご訪問ありがとうございます♪

nice!(35)  コメント(10) 

馬越峠~天狗倉山 [登山]

18日、熊野古道の馬越峠を歩き天狗倉山へ登りました

馬越峠(まごせとうげ)・・三重県北牟婁郡紀北町から同県尾鷲市にある熊野古道
天狗倉山(てんぐらさん)・・尾鷲市と紀北町にまたがる標高522mの山

馬越峠海山登り口(標高46m)~馬越峠(標高332m)~天狗倉山(標高522m)のピストン

馬越峠は尾鷲ヒノキや杉の林の中、保存された石畳をずっと歩くらしい、、ちぃは超ワクワクしています

昨日の強風が止んで 寒いけどお天気も良さげ、さぁっ、出発ーー♪
IMG_3445登山口.jpg

苔むしたすてきな石畳を のこのこ歩きます
IMG_3450.JPG

途中にはこんなふうに道標がずっとたっていました
IMG_3463.JPG


ここは「夜泣き地蔵」明治までは旅人の安全を祈るお地蔵さまだったそうですがそののち こどもの夜泣き封じを祈るお地蔵さまになったとか、、長い時の流れの中でたくさんの人たちの想いをうけとめてきたお地蔵さまなのね・・
IMG_3452.JPG




ちぃは「馬越峠」についてはアレコレ予習してきたのでドヤドヤとかめぴーに説明しましたっ(笑

足元もしっかりチェーックしましょっ、「一枚岩の橋」もありましたよぉ♡ 
沢の水はきれいでした♪
IMG_3519.JPG

あっ、ちょっとロングサイズだけどハート型の石♪
IMG_3518.JPG
大きな杉の木にハグしたり 面白い岩におどろきつつ楽しく歩き続けて・・
IMG_3471.JPG

「馬越峠」に着きました
IMG_3466.JPG


ここは昔、茶屋があったそうです
休憩所やベンチがありました
IMG_3465 馬越とうげ.jpg

ここは「天狗倉山」と「便石山・・びんしやま」の分岐があります。
ちぃは最初は便石山へ登ろうと思っていました。どちらの山も階段続きの登山道、とくに便石山は最後の標高差300mは急な階段をずっと登るらしい、きついってヤマレコなどに書いてあった。階段超苦手ちぃ、それでも苦手克服しようときた・・


ところがっ、便石山までここから60分と聞いていたのですがなんと120分と書いてあり、しかも馬越峠を一度激下りのちの登りのルートを見て、かめぴーはどん引き★
確かに便石山は遥か彼方にそびえていましたっ(笑
あれはっ、2時間かかるわーーっ☆ 便石山の神さまの「なんだ、こないのかーっ」の声が聞えそうでしたがっ(笑
IMG_3467.JPG


「帰りの高速の渋滞にはまりたくない、でもちぃが登りたいなら行ってもいいよ」、、とかめぴーはいったのですがちぃも今回は「天狗倉山」でいいって思いました。
馬越峠から「天狗倉山」は急登の階段をのぼりコースタイムは30分と書いてあるので 今日は良い天気だし 山頂でゆっくり過ごすのも楽しそう♪
さぁっ、そうと決まったら、「天狗倉山」、どんな山なのか、張り切って階段を登りましょっ!!
IMG_3468.JPG


初めて登る「天狗倉山」・・標高もそんなに高くないし、きっと山頂は広くて平でベンチとか展望台とかあるのかなー、って考えていたちぃでしたがそれは全く違っていて 想像以上に楽しい山でした
楽しい天狗倉山は次回でーす(*^0^*)/

ご訪問ありがとうございますm(^^)m
nice!(32)  コメント(12) 

山頂 [登山]

昨日の続きでーす

秋葉山の山頂にある「秋葉山本宮秋葉神社」を参拝したのち山頂の茶屋に行きます♪

「神楽殿」には、、ジュビロ磐田の絵馬♪
IMG_3348.JPG

社務所の横には、、わぁっ、嵐の二宮さんの植樹がありましたよぉ♪
山頂までは車でも来れるので二宮さんは登山道じゃなく車で来たのかなぁ、、ってちょっと気になるなーっ(笑(*‘∀‘)
IMG_3353.JPG

さぁっ、茶屋へ入りましょっ♪
IMG_3354.JPG


お土産コーナーもあり食事をできたので
かめぴーはとろろそば♪ とろろがまるでお餅みたいに粘りがあり美味しかったらしいです♪
IMG_3355.JPG

ちぃは「味噌カツ重」♪
まるでコーティングされたみたいなテリっテリなお味噌♪
カツの厚みはそれほどではないけど とっても美味しかったですよぉ♡
どちらにも「金のラスク」が付いていました♪ えっ?もちろんっ、カツ重はちぃが三分の二、残りは
かめぴーに食べてもらいましたよぉ(笑 小鉢の黒い物体はシイタケの煮物でした♪ シイタケが特産なのかな、お土産にも干しシイタケが販売されていました
IMG_3356.JPG

お腹いっぱいになったので境内を少し歩きました
おぉっ「天狗の皿投げ」ですって♪
IMG_3358.JPG

あの輪の中に入れるのねーっ、意外とイケるかも、、って思ったけどチャレンジはしていません(笑
IMG_3360.JPG

これは本殿にあった金のおみくじ♪
IMG_3351.JPG


のんびり過したのち
それでは境内で最も古い建造物の「神門」をくぐって下山です
IMG_3362.JPG

古い彫刻も迫力ある姿で通る人を見守っていました♪
IMG_3363.JPG



静かにたち並ぶ杉の木から たくさんの癒しをうけました♪
IMG_3376.JPG

楽しかったね♪
また季節が変わったらこの優しい道を歩いてみたいね♡
IMG_3372下山.jpg


最後まで読んでいただきありがとうございますm(^^)m
nice!(35)  コメント(10) 

秋葉山 [登山]

4日に静岡県にある秋葉山に登りました♪


秋葉山・・・あきはさん。標高866m。南アルプスの南端に位置する。山頂には秋葉山本宮秋葉神社がある

ルートは表登山道からのピストン、標高差760mほどを登る。休憩を含まない登りのコースタイムは2時間30分。

駐車場(無料、トイレもあります)に車をとめ登山口へと出発ー♪ 
マイナス3℃、いつも思うけど駐車場が一番寒く感じるー(笑 
しばらく車道を歩いたのち赤い橋を渡って進みまーす♪
IMG_3287出発.jpg


最初は石畳の急坂をのこのこ♪ かなり急なところもありますが、階段ではないのでちぃは絶好調(笑
この坂道沿いにカフェはありましたよぉ♡
IMG_3289.JPG

しばらく登ると「三ノ鳥居跡へ到着♪ここから樹林帯に突入です♪
IMG_3297.JPG

シダと杉に囲まれて歩く登山道、最強寒波の日なのにたくさんの杉が風を遮ってくれるので
寒さを感じることなく楽しく歩けます♡
鳥の声に耳を傾けつつ、風を感じつつ目の前に続く道をひたすら登る、、とてもシンプルな行動だけど
自分の体もココロも それをとても喜んでいるんだ、、って感じるすてきな時間♡
IMG_3302 杉.jpg

登山道にはテープのマーキングやこんなふうに「~丁目」と書いた木が立っています、、ヒソヒソ、、この「~丁目」は数字が前後したりなのであまり気にしないほうがよいみたいでしたー(笑
IMG_3304.JPG

参道なのでこんなすてきな灯籠も点在していました♪
IMG_3303.JPG

海抜500mまで登ってきました♪
IMG_3318.JPG

その先には「富士見茶屋跡」がありました。
昭和18年の山火事で家屋が全焼したと書いてあります(>_<)
茶屋はもちろん営業されていなくて 廃屋っぽいのが残っているだけでした
IMG_3319.JPG


さらに進んで海抜580mの場所には鉄塔があり、、ここから「富士山」が見えました♪ 
かめぴーは秋葉山は富士山を眺めながら歩ける、、って思ってたらしくここから見えた以外は
樹林帯をコツコツ登るため景観はなくてちょっとガッカリしてました(笑
IMG_3324.JPG

鉄塔の横にはベンチがありひと休み♪
富士山の見える鉄塔にバームでかんぱーい!!
IMG_3326.JPG

さぁっ、休憩したのちは元気に山頂目指しましょっ♪
標高704mまで登ってきました
ここには「秋葉寺(しゅうようじ)」がありました
IMG_3331.JPG
 
秋葉寺にはベンチとトイレもあります。表登山道は登山道が整備され道標もあり途中にこうしてベンチやトイレもあり歩きやすいですね♪

秋葉寺から30分ほどで山頂、、ここから雪が出現、しかも樹林帯なのでガッチガチに凍ってて
滑りそうでしたー(笑
IMG_3341.JPG

わぁっ、ほんのりハート型♪
IMG_3334.JPG

あと少しで山頂ねっ♪ だがしかしこの先に雪でツルっツルな道が待っていましたがっ(笑
ちぃはこの日、登山口からずっとトレッキングポールを使わないで登ったのですが この雪の坂だけかめぴーから1本借りて歩きましたよぉ✰
IMG_3344.JPG

石段を上がり金の鳥居をくぐったら。。山頂です
IMG_3346.JPG

山頂には 火防せの神さま「秋葉山本宮秋葉神社」がありました♪
さぁっ、神さまにご挨拶しましょっ(*^-^*)
IMG_3350.JPG

かめぴーが「神社やでひゃっほーは控えめにしとくか」って言うので 少し下りた場所で(笑 
「楽しく登ってこれました♪ 素晴らしい秋葉山に感謝のひゃっほー♡」
山頂IMG_3361.jpg

山頂には茶屋がありそこで温かい物を食べることにしましたよぉ♪
山頂のアレコレは次回でーす♪

今週はバタバタちぃで記事を書くのがすっかり遅くなりましたっ((*'ω'*)
最後まで読んでいただきありがとうございますm(^^)m
nice!(33)  コメント(6) 

神さまに会いに登ろう♪ [登山]

強烈寒波の予報でしたが1月はトレーニング登山や古道歩きで終わっていたので「そろそろちゃんと登りたいねっ」、、でもでも行こうと思う雪のある山は寒すぎる予報(>_<)
その中でちぃに この山の神さまから「おいでよ!」メッセージが届きました(笑

まだ暗い中を出発ー♪
新東名高速道路で日の出を見つつ進みます♪
美しい朝の太陽♪ 今日は良い天気になりそうねっ♡
IMG_3279.JPG


ナビる時、かめぴーは間違えて「上社」を目的地に設定して近くなって間違いに焦る、、というアクシデントがありましたー(笑
無事登山口のある「下社」に到着♪
駐車場ではマイナス3℃でしたがとっても良い天気♪ あの山なのかなー??
IMG_3283秋葉山.jpg

さぁっ、ちぃ&かめぴーは今回どこへ登ったでしょうか?

静岡県浜松市にある 「秋葉山・・あきはさん」(866m)へ登りました♪ 南アルプスの南端に位置する山で山頂には「秋葉神社上社」があります
初めて登る秋葉山、 本当は昨日「節分登山」が楽しいかなって思ったけど、都合により今日になりました(笑

標高は高くないけど登山口の標高が100mなので標高差760mを登る結構しっかり登り、の山です
山頂ちかくの登山道には樹齢数百年の杉の大木が点在しましたよぉ♪
「大きな木にはとりあえず ハグしてみよう♪」
IMG_3339大木とハグ.jpg

東海自然歩道として整備されている表登山道、、鳥の声をききながら杉の森の中を歩く、そして富士山もチラっと出現♡ なんと山頂には金色の鳥居が待っている、そして神さまに会える、想像しただけで なんて豪華な登山♪

さぁっ、次回みなさまもちぃと一緒に 豪華で楽しい秋葉山への山旅楽しんでくださいねーっ
あっ、お賽銭はお忘れなくねっ、金色のおみくじを引きたい人はおみくじ料金もねっ(´艸`*)

ご訪問ありがとうございますm(^^)m
nice!(33) 

皇踏山 [登山]

2017年の登り納めは 小豆島の「皇踏山・・おうとさん」に登りました

2016年の登り納めは小豆島の「星ヶ城」でした。青春18きっぷを使って小豆島の旅、今回も18きっぱーです♪
小豆島の土庄港から見えた双耳峰の山「皇踏山」、つぎはあの山へ登りたいね、、って登り納めの山に選びました♪
嘔吐さん.jpg

小豆島の東に「星ヶ城」西には「皇踏山」といわれているらしいです♪

「皇踏山・・小豆島にある山。標高394m。応神天皇が山の麓にある宝生院のシンパクの木を植えたという伝説があり天皇が踏んだ山、、が名前の由来と聞きました。「皇踏山」にも星ヶ城と同じように山上に山城址があり 実際に苔むした石垣があり 古代ロマンをいっぱい感じる山でした♪

野外活動センターから遊歩道を歩いて登るルート以外に山を直登するルートがあるらしいので ちぃ&かめぴーはもちろん、直登ルートを選択しました♪

お宿の送迎バスが特別に登山口方面まで送ってくださったのでそこから 皇踏山を眺めつつ 登山口をさがしながら30分ほどのこのこ歩きました♪
DSC_0851.JPG

あっ、ゴミ集荷場所の横に登山口発見(笑
DSC_0852.JPG


登山口から第一展望までは1時間らしい、標高も低いしきっとあっと言う間やわ、、ちぃは張り切りましたっ。
はいてる靴はトレッキング用ではなくKEEN のウィンターブーツ、しかもバックパックは18きっぷの旅の荷物が7kgズッシリ(笑 この後超ワイルドな登山道が待ってるなんて知らないで、超ナマイキ(笑
あっ、かめぴーはちゃんと山の格好でしたー(笑
出発DSC_0858.jpg

登山道はすぐにワイルド感が漂ってきました・・ダム?水音もしないよね、、と2人で話しながら進み・・
落ち葉いっぱい、時には枝漕ぎしつつ トゲを避けつつ 、、踏み跡を確認しつつまるで子供のころ登った裏山みたいでウキウキ♪ 
DSC_0882.JPG
登山道はこのように案内が第一展望まではしっかりありますが えっ、どこを歩くの?考えるところもありました★
DSC_0860.JPG

倒木をくぐったり 細い急登の道では バックパックが重いので「わわw、後にひっくりかえるぅぅ」っとうるさく歩きました♪ 
DSC_0872倒木.jpg

わぁっ、こんなに寒いのにまだ頑張って咲いている花がっ♡ 嬉しいなぁ、ありがとう♡
DSC_0887.JPG


登り続けて第一展望台に到着♪
土庄の街や海が見えます♪
DSC_0889第一展望.jpg

「滑らかで美しいこの海がまた見れました♡楽しい皇踏山に感謝のわっしょい!!」
思いっきり逆光ですがっ(笑
DSC_0891展望ひゃっほー.jpg

さぁっ、山頂へいざっ!!

少し歩いたら、ひえーっ、これはっ、まるでジャングルやないのっ!!
先頭を歩いてた ちぃは埋もれそうになり、、退散ーー(笑
DSC_0899ジャングル.jpg

かめぴーが先頭に(笑
DSC_0897ジャングルかめp.jpg

ジャングルの先はなんだかジブリアニメに出てきそうな岩ゴロゴロの薄暗い森を歩き・・
DSC_0907.JPG

ついに皇踏山の山頂です♪
山頂は狭く大きな岩がいくつかあるだけでしたが 小豆島の北西の美しい海が見えました♪
DSC_0900山頂.jpg

山頂の岩で少しのんびり海を眺める?と思ったら、、かめぴー、ここまでで誰一人会わなかったこともあり少し恐怖も感じてたらしく、曇ってきたし下山しようと言います。
ちぃはイノシシとかでたら困るよねーっ、と思ったぐらいで 浮かれまくっていましたがっ(笑
帰りは 遊歩道を歩いて野外活動センターのほうへ下山することにしました♪

だ~れもいない遊歩道を地図を片手にのこのこ歩き続けます(笑、、
DSC_0911.JPG

途中に山城城址の案内がありましたが 荒れた感じで立ち寄らずに過ぎました
DSC_0909.JPG

野外活動センタ―らしい建物が見えた時はホッ♡
DSC_0912.JPG

無事下山、そのあとは舗装路を30分歩いてバス停へと向かいました
舗装路にでたら雨が降り出しました★
DSC_0916.JPG

バス停についてほっとして歩いてきた道をふりかえったら 大きな小豆島大観音が見えました
DSC_0917.JPG

ちぃ&かめぴーの登山史上「キングオブワイルド」&「キングオブ誰にも会わなかったマウンテン」
ワイルドなのは大歓迎だけど 誰にも会わないのは寂しすぎ-ー(笑
皇踏山を西から登って東側へぐるっと歩いた楽しい山旅でした、いっぱい歩いたなーー(*^-^*)

最後まで読んでいただきありがとうございますm(^^)m
nice!(40) 

今年登った山 [登山]

今年登った山です
217年 1月 茶臼山(愛知県)鳳来寺山(愛知県)
   2月 八高山(静岡)天城山(静岡)
   3月 納古山 鳩吹山  
   4月 上高地 剣山(四国)
   5月 伊吹山 瓢ヶ岳 美ヶ原 茶臼山
    6月 乾徳山 入笠山 
   7月 富士山 霧ヶ峰 乗鞍岳(富士見岳、大黒岳)
   8月 伯耆大山 乗鞍岳(剣ヶ峰) 木曽駒ヶ岳(宝剣岳)
   9月 双六岳  大日ヶ岳(前大日まで) 甲斐駒ヶ岳
   10月  白山 
   11月 石鎚山(四国
   12月 納古山  百々ヶ峰

この他に上高地や 途中まで登った山、低山ハイクで書いていない山があります
どの山も素晴らしく 美しく、楽しく ココロに残る山ばかりでした♡
低山も標高の高い山もそれぞれの良さがいっぱいあるし 何よりも自然の中では自分も生きているちいさな生き物、、と実感します♪ 吹く風も陽射しも 石も 木も 鳥も 花も動物たちもみんな愛おしい仲間♡

かめぴーが今年一番の登山って選んだのは「甲斐駒ヶ岳」♪
日帰りでキツかったけど、しかもちぃは山頂近くまで体調が悪く
辿り着いた山頂では泣きたいほど嬉しかったです、カッコいい山だったなぁ(笑
DSC_1082甲斐駒.jpg

ちぃは鎖場好きなので 
乾徳山と・・・
IMG_2685.JPG



石鎚山、憧れの鎖場をクリアできたのは自信につながりました♪
DSC_0080.JPG



双六岳も素晴らしかったなーっ♡
DSC_0828.JPG



あっ、忘れてならないのは 山頂までちゃんと登れた(笑)富士山♪
DSC_2738お釜の前.jpg


それと「キングオブ登れそうで登れなかった山」の白山♪
最高に美しい山でした♡ 下山しながら2人で「また登りたいねっ」って言いまくりでしたー(笑
山頂DSC_1294白山.jpg


苦しくても頑張って登った山頂から眺める風景は、素晴らしく、美しい♪   これはっ、もしか夢なんじゃないの?って思うことがいっぱい♪ 山に神さまってきっといると思うわ(笑

あちこちの山の神さま、来年もちぃに「おいでよ!」メッセージたくさんくださいねーーっ!(爆)
わっしょいDSC_0786.jpg


ご訪問ありがとうございますm(^^)m
nice!(31) 

雪山のトレーニング [登山]

前回の続きでーす。ヒソヒソ、、帰ってからお天気が続いて家事が忙しく記事が遅れています(笑

山の天気予報は「登山に適さないC],,と悪かったけど11月25日新穂高温泉に宿泊、
翌日に新穂高ロープウェイに乗り西穂高岳の「西穂高山荘」近くまで登ることにしました
起床時は青空も見えていてお宿の人は「こんな良いお天気は久しぶりよ」とのことでしたが・・・

昨日は見えなかった百名山で岐阜県の最高峰「笠ヶ岳」も美しい姿で登場~♡
「来年はそちらに行けますようにーー!!」、、って眺めながら叫ぶちぃに かめぴーは「冗談やろ・・」とつぶやいてましたがっ(笑
DSC_0354.JPG

ロープウェイの駅への道はこのようにツルツル&ガチガチに凍っていましたー、こんなときの運転は
かめぴーにおまかせで ちぃは横で「うわーっ、ひゃ~っ!♪」とうるさく騒ぎましたっ
DSC_0353.JPG

新穂高温泉駅(標高1117m)から第一&第二ロープウェイを乗り継ぎ 西穂高口駅(標高2156m)まで登ります。駅の建物は、、撮っていません。乗車時間は迫った時、2人とも大切な軽アイゼンを車に置いたままだったのに気が付き かめぴーがダーッシュで取りに行くという事件があったのでした(笑

ふーっ、無事にロープウェイに乗り・・・車内は定員でぎゅうぎゅうでした、お天気が悪くても観光の人がいっぱい☆
窓から槍ヶ岳も見えましたが人大杉で撮れず(涙)
焼岳は撮ることができましたよー♪
DSC_0361.JPG


後方には錫杖ヶ岳♪
DSC_0359錫杖ヶ岳.jpg


だがしかし、第二ロープウェイに乗るころにはすっかり怪しげな空模様になりましたー✰
駅DSC_0367.jpg

どんより~~★ 朝なのにまるで夕方みたいな薄暗さ・・・モノクロじゃないですよぉ(/□ω□)/
DSC_0366.JPG

風は吹いてないので とりあえず登れるところまで登ってみよう、と出発ー♪
ちぃは思ったより盛り盛りな雪、しかもパウダースノーで超浮かれています♪♪
DSC_0370.JPG

アップダウンして歩き あっ、西穂高山荘の屋根が見えました♪
どんよりなお天気はかわらないので 今日はここまでで撤退することに決定!
DSC_0377.JPG


ここが今日の私たちのピークでーす♪
雪だるまを作ろうとしたけどサラサラで固まらず、でした
DSC_0379.JPG

あっ、あの木に魔法をかけるねーっ!!
走って近づいたら きゃーーっ、踏み抜いて転倒―(笑
DSC_0382.JPG


「アパレシウム!! 現われよ、光の精!!」
わww、曇りなので魔法は失敗――(爆
DSC_0384ティンクル.jpg


楽しく遊びつつロープウェイの駅へと戻りました♪
駅の展望台には大きな雪だるまの「にしほくん」がいましたよぉ♪
DSC_0396.JPG


盛り盛りな雪で楽しいトレーニングができましたー(*^0^*)
楽しかったなー、また晴れた日に登りたいな♪
盛り盛り.jpg


ご訪問ありがとうございますm(^^)m
nice!(33) 

上高地~河童橋~岳沢登山口 [登山]

昨日の続きでーす
河童橋は人でいっぱいでした。
写真を撮る人で混雑。

穂高への登山口の岳沢登山口(だけさわとざんぐち)を見に歩いてみました

水映る空はきれい♪ ここでかめぴーが「でかい魚だっ、30㎝以上はあるなっ、ここの主かも♪」と叫んだけど ちぃには見えませんでした。ヒソヒソ、、かめぴーが見てちぃには見えなかったコト、過去にも数々あります、不思議すぎるーー(笑
DSC_1638.JPG

ここが岳沢への登山口ねっ♪
DSC_1633.JPG

どんな道なのか少し登ってみましたよぉ。小さな沢沿いのゴロゴロ石の登り、楽しそうー♪
DSC_1634.JPG


しばらく登ってから下山、河童橋をあるいてバスターミナルへ戻ることにしました♪

木道を歩いていたら1匹のお猿さんがっ、、周りには他の猿は見当たりませんでした
1匹でウロウロしています
群れからはぐれたのかなぁ。まだ小さいお猿さん、元気で大きくなれますように!!
DSC_1639.JPG


河童橋に戻るころには穂高連峰は雲がかかっていました
黄葉越しに穂高をながめよう♪(*^-^*)
DSC_1644紅葉と穂高.jpg


清らかな梓川の流れは見てるだけでココロの埃を洗い流してくれそう♪
DSC_1650.JPG


バスターミナルで くいしんぼちぃ、恒例の「河童焼き」をっ(笑
DSC_1652.JPG


シャトルバスであかんだな駐車場に戻りました♪
あかんだな駐車場のもみじもきれいだったなー♡
DSC_1653あかんだな紅葉.jpg

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^^*)


ご訪問ありがとうございますm(^^)m
nice!(42) 

上高地~田代池 [登山]

大正池から歩いて次は田代池です♪
木道やカラマツの黄葉を眺めながら歩く、、上高地の水はとてもきれい♪
DSC_1579.JPG

あっ、寄り添って毛づくろいするお猿さん♪ 静かに通り抜けてねっ♪
DSC_1587.JPG


田代池に到着♪
草黄葉が広がる場所は50年まえは池の一部だったそうです。
DSC_1588.JPG


今は小さくなった田代池・・とても美しい池♪
神秘的な美しさの田代池がちぃは大好き♪ 4月に来たときは残雪でとてもきれいだったなぁ♡
この池も何十年かすぎたら森になってしまうのかしら・・
田代池.jpg

さぁっ、河童橋めざして元気良く歩きましょっ♪

う~ん?
一列に並んだ穴は虫さんの仕業なのかっ??(笑
DSC_1597.JPG


ぽわぽわさんも発見?
ぽわぽわDSC_1606.jpg

カラ松の黄葉と美しい梓川を眺めながら歩きます♪
DSC_1609.JPG


ここは撮影ポイント☆ たくさんの人が写真を撮っていました♪
ちぃ&かめぴーももれなく(笑
「いつかは登ろう穂高連峰!!♪わっしょい♪」
DSC_1611穂高をめざそう.jpg


歩き続けて上高地バスターミナルに着きましたー♪
DSC_1618.JPG


くいしんぼちぃ、ここまでの間にすっかりぺこぺこ★
お昼には早すぎだけど バスターミナル横の「上高地食堂」で
かめぴーはざる蕎麦、ちぃはビーフカレーを食べました。(大きなバックパックやトレッキングポールはそとのテラスに置いて入店してください、と書いてありました)

カレールウたっぷりでしたー、美味しかったな♡ ヒソヒソ、、かめぴー、撮る前に食べちゃった(笑
DSC_1619.JPG

さぁっ、おなかも満足したし、河童橋、そこから「岳沢登山口」を確認しに行きます♪
続きま―す♪

ご訪問ありがとうございますm(^^)m

nice!(36)