So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

大峰山 八経ヶ岳③ [百名山]

昨日の続きでーす

宿泊した弥山小屋さんは清潔でいごこちの良い山小屋でした
ブログに書くことを了承していただいたので別記事で書こうと思っています(^-^)

「八経ヶ岳の日の出を見に登ろうぜっ」、、だがしかし少し寝過ごし、しかもかめぴーはちぃに起こされるまで爆睡してましたー(笑

AM4時20分、、薄暗い中をヘッデン(ライト)をつけて出発しました(✪_✪;)
光っているのは月です♪
出発P6031625.jpg

八経ヶ岳へは弥山からいったん下りたのちの登り、、薄暗いので途中の写真は、、というより
日の出に間に合いたい、、ので急いでいて写真はなし(笑

天然記念物の「オオヤマレンゲ」の保全柵を開けて八経ヶ岳へと登ります
いつもちぃの後ろを歩くかめぴーですがっ、日の出フェチ?なかめぴー、大急ぎで前を登っています(笑
P6031626.JPG


あと少しで山頂かっ、、の場所で太陽が出てきました♪
「ちぃっ、太陽や,きれいやなー、撮ろうぜっ、拝もうぜっ、日の出ひゃっほーやぁ!♪」浮かれるかめぴー(笑
P6031628日の出.jpg


ちぃは足元に「あっ、これってマイヅルソウやないの?」(笑
P6031634マイヅルソウ.jpg


さぁっ、山頂へ急いで、急いで―ーっ!!
P6031636.JPG


山頂に立っている「錫杖」が見えた! これはっ、モルゲンロートなのかしら♡
P6031637ほこ.jpg

岩場を駆け上がり 着きました♪
大峰山の最高峰「八経ヶ岳」標高1915mの山頂です
P6031638山頂.jpg

山頂は岩が多くそんなに広くはありませんでした
でもそこには凛とした空気が流れて 縞枯れの木が立ち並び どこまでも続く山々の美しい風景がありました♡
P6031645山頂雲海.jpg

太陽と錫杖♪
八経ヶ岳は八剣山とも呼ばれるそうです。山名の由来は、役ノ行者が法華経8巻を埋めたという伝説だとか。。
錫杖P6031644.jpg

「美しく神聖な八経ヶ岳に大感動でーす♪ ちぃ&かめぴー日本百名山31座目嬉しいな♪」
ひゃっほーP6031653感動.jpg

山頂には他に3人の人がいただけでした
しばらく山頂からの美しい風景を眺めたのち 山小屋の朝食が6時からなので下山して弥山に戻ります

急いで登ったから気にしてなかったけど こんな楽しい登山道だったのねー(笑
P6031657かめぴー.jpg


「オオヤマレンゲ」はまだ蕾でした♡
P6031666ブログ.jpg


八経ヶ岳を下ったら今度は弥山へ登り返しです
P6031675登り返し.jpg

あっ、あんな高いとこで鳥さんが朝のパトロールねっ♪
P6031676.JPG


弥山小屋へ戻り朝食を頂きました♪
朝食後、ちぃはもう一度、弥山の山頂まで登り(かめぴーは休憩)、その後 同室の方たちとお喋りしてすごしたのちゆっくり下山開始しました♪
弥山から見た「八経ヶ岳」です
P6031686八経ヶ岳.jpg 


最後まで読んでいただきありがとうございますm(^^)m
nice!(39)  コメント(10) 

大峰山(弥山・八経ヶ岳)② [百名山]

昨日の続きでーす

奥駈道出合でひと休みしたのち次の「弁天の森」目指してアップダウンを繰り返し歩きました
シロヤシオがまだ咲いていてかめぴーと2人で「かわいいね!」を連発、2人で写真を撮りまくり
超のこのこ歩きです「今日は弥山小屋に宿泊だからのんびり楽しく登ろうねー」と言いつつ(笑
P6031725ヤシオ.jpg

シロヤシオ、葉っぱもこんなにかわいいですよぉ♡
ヤシオのは.jpg

「弁天の森」標高1600m♪ に到着
さぁっ、次は「聖宝ノ宿跡」ねっ♪
P6021553bうぇん店.jpg

弁天の森から少し進んだら 目指す山々がようやく見えてきました♪
左の△の山が「八経ヶ岳」 右のなだらかなカタチの山が「弥山」
P6021557.JPG

あっ、輪になった木! 
P6021558.JPG

ワサワサに髪が伸びてる倒木(笑
ワサワサ.jpg

この岩を誰がこんなにきれいにカットしたのかっ!?
面白くて不思議なものが森にはいっぱいあるね♪
カット.jpg


「聖宝ノ宿跡」に到着♪
理源大師像がありました 、、少し薄暗いこの場所、下山の時に男の子がパパに「こわいー、こわいー」ってグズっていました(#^.^#)
P6021564.JPG


この先から木の階段が出現。。
「わぁっ、階段、ついに来たーっ、修験の山に必ずあるんだわっ」、、ちぃはウルサク騒ぎました(笑
「今度こそっ、階段大好きー、、って思って登ろう、、修行やわ」ぶつぶつ(笑
かめぴーは数えながら登ってたけど途中で挫折(笑
P6021569ブログ用.jpg

頑張って登り続け 「弥山小屋」さん 標高1876mへ着きました♪
P6021580.JPG

そのまま「弥山」山頂 標高1895mへ♪
P6021582山頂.jpg

山頂には弥山神社がありました♪ 神社横に咲いてた美しいシャクナゲ♪
P6021585山頂のシャクナゲ.jpg

「ここが弥山の山頂でーす♪ 美しい登山道の弥山に大感動のひゃっほー!!」
後に見えるのは翌朝登る「八経ヶ岳」です♪
ひゃっほーP6021589弥山.jpg


この後「弥山小屋」で宿泊。
かめぴーが「明日は八経ヶ岳で日の出を見ようぜっ♪」、、って言うので早起きするため 夕食の後は爆睡しました(笑

登山口への車の中で「疲れてるからボクは弥山までで 八経ヶ岳までは登らんかも。。」とかめぴーが言ってて 「ちぃは八経ヶ岳へソロでも登るわ、百名山なんだよっ、2人分登って来るわーっ,まかしてっ!!」、だったけど
良かったー、かめぴーも登れそうーーー((笑)
でもでも 遠くに見える八経ヶ岳は弥山からコースタイム30分で登れるって本当なのかなぁぁぁ


続きますm(^^)m
nice!(43)  コメント(11) 

大峰山(弥山・八経ヶ岳)① [百名山]

世界遺産「大峯奥駈道・・おおみねおくがけみち」
吉野と熊野を結ぶ大峰山脈の172kmの修験の道には標高1200m~1900m以上の急峻な
山々が 18座も連なっているそうです
その中の近畿の最高峰であり大峰山の最高峰、日本百名山の一座に選定されている「八経ヶ岳・・はっきょうがだけ」標高1915m、「弥山・・みせん」標高1895mの2座に登ってきました♪

大峰山(おおみねさん)は日本百名山の一座だけど古来から修験の聖地、登ってみたいけど遠いし、苛酷そう、しかも女人禁制なので登れないでしょっ、、ってかめぴーもちぃも最近まで思ってたし・・ヒソヒソかめぴーなんて登る2日前まで「えっ、女人禁制と違うんかっ?」言ってました(笑
現在でも女人禁制は山上ヶ岳なのだそうです(*'ω'*)

ルートは 
1日目・・行者還トンネル西口(行者帰りトンネル)標高1110m~奥駈出合~弁天の森(標高1600m)~聖宝ノ宿跡~弥山小屋(標高1876m)~弥山(みせん)標高1895m~弥山小屋泊

2日目・・弥山小屋~国見八方覗~八経ヶ岳(はっきょうがだけ)標高1914.9m~弥山小屋まで戻り
1日目と同じルートで下山



それでは神聖なる山々へ、、
そしてちぃ&かめぴー日本百名山31座目への山旅へ出発でーす(*^0^*)

前日、、ちぃは何だか風邪っぽく喉が軽く痛い、、でもかめぴーがガッツリ登山の気になってるしちぃだって登りたーい、、と少しの問題を抱えつつ、、「編笠山の時みたいに不調になると行けないから
今日はジムは行っちゃダメだぞっ」、、とかめぴーとの約束も守りましたっ(笑

まだ薄暗い早朝に出発・・なんといっても登山口まで順調に行けても車で4時間なので途中の運転はちぃも頑張りました♪

ここが登山口のある行者還トンネル
トンネルの西口に整備された駐車場があり管理の人がいます。着いた時にすでにトンネルの横PAは満車、下のPAに誘導されました。(1日¥1000、小屋泊するので2日分¥2000でした)

左側にトイレ(¥100の協力金)、右側に登山口、、とりあえずバックパックを斜めに背負ってトイレへ向かうかめぴー(笑
P6021479.JPG

さぁっ、準備をしたら歩きます♪ 

「かめぴーをさがせ!」(笑
緑のトンネルの道を歩く♡ この近くはテント禁止、罰金!って看板が立ってましたよぉ
確かに横に沢がありテント泊したら楽しそうな場所だったな(笑
P6021486.JPG

面白いカタチの橋を渡ります♪
「わぁっ、きれいな水だよーっ!」
P6021490橋.jpg
美しい沢♪
P6031755.JPG


橋を越えるとすぐに登山道は梯子出現、道幅狭い、急、ザレザレ、ガレガレ、など楽しく変化♪
前日まで「仕事でクタクタや~」と言ってたかめぴー、頑張って登ってます
P6021503がんばるかめぴー.jpg

小屋泊なのに食べ物&飲み物をバックパックにぎゅうぎゅう詰め込んだくいしんぼちぃ・・
急登をひっくり返りそうになりながらのこのこ登ってます(笑
急登P6021507.jpg

かわいい♡の葉っぱ♪
P6021496.JPG



美しい苔の森♪
P6021497苔.jpg

ねじれた木!
P6021512.JPG


かわいいシャクナゲ!! 
P6021516シャクナゲ.jpg

そしてキラキラのまぶしい木洩れ陽♪、、、山って本当に楽しいね♪
P6021514木洩れ日.jpg

「どすこいーーっ!」倒木を気合いで起こそうと試みるかめぴー(笑
どすこいP6021527.jpg

「うりゃぁぁっ!!」チカラで木を戻そうとするちぃ(爆
P6021528気合い.jpg


楽しく遊びつつ頑張って登り「奥駈出合・・おくがけであい」に着きました♪
P6021536奥駈出合.jpg

ここから弥山までは2時間かぁ、まだまだだねっ
P6021548まだまだ.jpg

ではでは休憩しましょっ♪
豪快にお茶を飲むヒト(笑
ちぃP6021542豪快.jpg

美しい木々を眺めメルヘンゾーンに入ってるヒト(笑
かめぴーP6021544感動.jpg

さぁっ、それではまた弥山に向かって歩きましょっ!
ここから弁天の森までは ちぃがまだ残っているといいなぁ、、って思っていた「シロヤシオ」を見ながら歩くことが出来ました♡
P6021550シロヤシオ.jpg

続きまーす(^0^)

コメント(7) 

山頂 [百名山]

大山の山頂までは長い木道が続いていました。
あっ、あれが山頂避難小屋、右側が山頂かな、人がたくさんいる♪
山頂.jpg

わぁっ、木道の周りはお花畑みたい♪
シコクフウロやシモツケソウ、それからクガイソウ、あじさい系の花などなど・・山頂に早く着きたい、だがしかし美しすぎる風景が広がってて、ちぃはキョロキョロ、足はのこのこ~(笑
DSC_0260 花と山頂.jpg


そして着きました♪
大山の山頂、標高1709mの弥山(みせん)です♪
山頂にいた人と撮りっこしました♪
「素晴らしい眺め、花の楽園の大山に感動のわっしょい!!」・・大山の「大」の字ぽーぢんぐで(笑
わっしょい.jpg

山頂には多くの人がいました♪ 
私たちも木道に座り美しくパワフルな山頂からの眺めを楽しみましょっ♪

あのトンガリな山頂が剣ヶ峰なのかなぁ、、縦走路は崩落が激しく剣ヶ峰は立ち入り禁止になっているんだ
DSC_0233剣ヶ峰.jpg

わぁっ、こちら側はどこまでも続く雲海♪
DSC_0234雲海.jpg
 

雲を とっても近く感じる、、楽しいね♡
DSC_0253花と雲.jpg


眼下に見えるのは山頂避難小屋、、こんなふうに山と人がいる風景って温かい雰囲気がしてすごく好き♪
DSC_0248.JPG



標高1709m、、とそんなに高くない大山、でもその山頂からの眺めはとてもダイナミックで素晴らしく ずーっとここに居座って眺めていたいほどでした♡
山頂避難小屋でトイレをお借りし 頑張ったご褒美①カルピスと 記念に手ぬぐいを購入したのち
絶景をながめつつ下山です♪

あっ、忘れてならないのは特別天然記念物の「ダイセンキャラボク」
濃い緑の細い葉っぱがツヤツヤしてとてもきれいでした♪
DSC_0264.JPG


さぁっ、登ってきたあの木道を歩いて下山ね♡
DSC_0257.JPG


木道の脇には空の色みたいなヤマアジサイがたくさん咲いていました♡
DSC_0263あじさい.jpg

下山途中から登山道はガスに包まれ少し涼しく歩くことができました♪
六合目と五合目の間に大山寺へと下りる「行者谷コース」の分岐がありルートからダイナミックな北壁
が見える、、と聞いていたけど かめぴーの膝が痛くなってきたらしいのでルートを変えないで 花を撮りつつ下山しました♪
ヒソヒソ・・・登るときに襲って来た蜂は同じ場所でまたしても ちぃの周りにブンブン出現しましたー、いったいなんなんだ★(>_<)


登山口が近くなり、、 ちぃは頑張ったご褒美②を食べるために張り切って歩きましたっ(笑)
だってそれぞれ2ℓの水分を持って登ったのに飲んでしまうほどの猛暑だったから冷たーいアレをたべなくてはーー♪

そして次は「ありえないほどの暑い真夏に 山に海、、美しいもの、美味しいものも楽しむ欲張りな鳥取県の旅」の海へ Let's goーー♪

ご訪問ありがとうございますm(^^)m

大山 [百名山]

「ありえないほどの暑い真夏に 山に海、、美しいもの、美味しいものも楽しむ欲張りな鳥取県の旅」の二日目は・・この旅の一番の目的「大山」登山です

大山(だいせん)・・・中国地方の最高峰の山。日本百名山、花の百名山に選定されている。
最高峰の剣ヶ峰(1729m)は縦走路が崩落が激しく立ち入り禁止となっているため「弥山(みせん)」標高1709mが現在は山頂になっている


さぁっ、ちぃ&かめぴー、日本百名山28座目の山に向かってしゅっぱーつ♪
ルートは夏山登山道をピストン。この日の気温予報は36℃、少しでも涼しい時間に登ろうとお宿の朝食は食べずに早立ち♪
駐車場で登山届を提出。トイレに行ってるかめぴーを待つ間に 愛知県から来た、、というお二人に出会いました♪ ここまでがとても遠く思えたので同じ東海から来た人たちに会えるなんてとても嬉しかったです♪
DSC_0144.JPG

ちぃ、「今日はたっぷり寝れたし元気に登れるはず♪」、、と満面の笑みで浮かれています、、、このあといくつかの悲劇がちぃに訪れるなんて、想像もしてません(笑
DSC_0146.JPG

登山口の標高は780m→山頂1709m、、標高差は1000m弱だし 登り3.8kmなんて そんなにきつくないわーっ、、ってちぃはかめぴーに豪語してました。がっ・・・
悲劇①・・。最初は石段をずっと、、それからのちは木の階段(段差あり、幅はさまざま)がなんと8合目近くまで続きます。そして距離が短い分 その道は当然、急登がずっと続くのでしたー、階段は足にきますっ(笑


登山道は分かりやすく一合目ごとに道標が立っています♪(ここは四合目ねっ)
木段は続く、どこまでも☆ そして登山道は樹林帯で6合目すぎるまでほとんど展望もなくひたすら登ります。気温もぐんぐん上昇、晴天の8月の山は涼しくないのねー★
DSC_0163.JPG

悲劇②・・休憩しようとするとやぶ蚊が襲ってきて 虫よけネットは持って来たけどスプレーを忘れたので グローブやウェアの上からも蚊は容赦なく「えさ~♪ごちそう~♪」たちまちちぃは刺されまくり
、、なぜかかめぴーには喰いつかず(笑
悲劇③・・四合目から五合目付近まで なぜかちぃは蜂一匹にブンブンつきまとわれ ぎゃぁぁっ、怖い、もう帰りたいーーっ、ってブツブツ叫びながら タオルを振り回しながら急いで登るハメに(涙
後続のかめぴーは「おっ、ヘタレてたかと思ったら トレランもどきで早歩きかっ」とのんきに見ていたらしく(笑
悲劇④・・早朝にも関わらず 猛暑のこの日、、蜂から逃げようと急登を走ったちぃは大量の汗がでてまるで水をあびたような姿に(涙 首に巻いたタオルもベタベタ~、ここまででほぼ体力使い果たした感じ(笑

これはっ、この先の絶景を眺めるための苦行&修行にちがいないっ、、ちぃはヘンに納得しつつ先へ歩きましたよぉ(笑
五合目を過ぎると少し展望も良くなり ほらっ、美しい朝の日本海が見えた!!
DSC_0168.JPG

6合目には避難小屋(すっごい古い建物)があり 外にも休憩スペースがあり多くの人が休憩中♪ わたしたちもひと休みして地図で確認すると6合目からは急登らしい、、ひえーっ、もっと急登なのかっ!それでもこんなダイナミックな風景、、これはっ、山頂からの眺めはもっとすごいのかしらー、、ちぃの期待はMAX!(笑
DSC_01716合目.jpg

しかもこの辺りから 咲いている花も多くなってきました♪
にゅーっと出たクガイソウ♡
クガイソウ.jpg

汗を拭きつつ、登る、花を撮るためにスクワット、汗吹き出る、、の連鎖~(笑)
DSC_0194.JPG


ふぅーっ、標高1500mに着きましたよぉ
DSC_0196.JPG


この先からは、もう絶景の連続が待っていました♡
右側は、、美しい海♪ そして浮かんだ雲がなんてかわいい♪
DSC_01971500m.jpg

左側は・・・美しい空に向かって咲き誇るたくさんの花たち♡・・
それはココロが洗われるような素晴らしいシーン♪ 大山ってなんて素晴らしい山なのかしら、この山に登ることができてなんて幸せなんだ、、ちぃはそう思いました♡
DSC_0213花.jpg

8合目を過ぎたら登山道は木道になりました
途中で 駐車場でお会いしたお二人が下山されるところで「山頂で会えたら写真を撮ろうと思ってたんですよー」と言ってくださり 一緒に記念写真をっ♪
楽しい思い出をありがとうございます!! またどこかの山でお会いできると嬉しいな♪(^0^)
DSC_0220山頂近く.jpg


さぁっ、山頂まであと少し、がんばりましょっ、お天気は最高♪ 山頂からはどんな素晴らしい風景が見えるのかなーっ、それに山頂付近には、特別天然記念物の大山キャラボク純林が広がっているんですって、、どんな木なのかなぁぁ♡
DSC_0228木道.jpg


ご訪問ありがとうございますm(^^)m

花の乗鞍岳~お花畑 [百名山]

「乗鞍岳で高山植物の良い香りをいーっぱい吸って絶景をみたのち お花畑でお花の見放題を楽しむ山旅」の最後はお花畑です

さぁっ、お花畑へ Let's go-ー♪
お花畑は木道歩きです。保護のためのロープが木道に沿って張られているのでお花の近くには進入禁止です。

わぁっ、お花畑の入口でイワギキョウを発見♪ イワギキョウはほんとに岩の間に咲くんだねーっ☆
DSC_2941.JPG


長ーい木道をのんびりと歩きます、、がっ2日前にここにも熊さんが出現した、、と書いてあります。

白い花はハクサンイチゲ、まるでハクサンイチゲ祭り~♡
DSC_3075.JPG



DSC_3063.JPG


それから、、クロユリもたくさん咲いていましたよぉ♪
ヒソヒソ・・この花は良い匂いではなく・・かめぴーは昨年匂いをかいでみて強烈な匂いに臭っ!!と絶叫してました(笑
何だかミステリアスな雰囲気の花だねっ
DSC_3081.JPG


ピンクのかわいい花はコイワカガミ♡
DSC_3088.JPG


あれっ、これはっ?、、と思ったら、なぁ~んだハクサンイチゲの散り残りの花びら(笑)
面白い姿でしょっ♪
DSC_3085.JPG


ショウジョウバカマも遠くのほうに少し残っていました♪
DSC_3092.JPG


曇り空が広がってきました・・・魔王岳は次に来たとき登ることにして シャトルバスでほうのき平へ戻ることにしました。バスに乗ったらすぐに雨が降り出しました。行動中は雨が降らなくて良かったな♪ 帰りのバスで乗務員さんが スカイラインでも子熊がでたと話されていました。
DSC_3064.JPG


素晴らしい山々が見せるダイナミックな風景と美しい花がいっぱいの夏の乗鞍岳は何度来ても感動します♪ また青空の日に来て まだ登ったことがない魔王岳や桔梗ヶ原へ行ってみたいな・・
かわいいお花さんたち、、今年もありがとうーー♪♪
かわいい.jpg


最後まで読んでくださりありがとうございますm(^^)m

花の乗鞍岳~③大黒岳 [百名山]

「乗鞍岳で高山植物の良い香りをいーっぱい吸って絶景をみたのち お花畑でお花の見放題を楽しむ山旅」、、次は「大黒岳」標高2772m   ちぃ&かめぴーは初めて登る山です

さぁっ、大黒岳には大黒さまの像があるのか確認しましょっ(笑)
あれーっ、がスガスだなぁ。しかも大黒岳口には17日に熊が出ました、、って書いてあります★
熊鈴を鳴らしてのぼりましょっ♪
DSC_3019.JPG


「あっ、あれがピーク?なーんだあっという間だよねーっ」・・喜ぶちぃでしたがいつものように違いました(笑)
DSC_3023.JPG

これを叩いて 熊さんに 私たち、登ってきてますよぉ、、の合図をしまーす♪
しかし、こんななぁ~んにもない岩山で熊さんに出会ったらどうなるのかしらぁぁ、熊さんも驚くだろうな★ 
DSC_3027.JPG


大黒岳も岩稜の山ですが お花がたくさん咲いていました♪
並んで咲いてるミヤマキンバイ♡♡
DSC_3026.JPG


ハクサンイチゲにもきゅんきゅん♪
DSC_3043.JPG

あっ、あれはっ、白いコマクサ! ちぃもかめぴーも大喜びしましたよーっ♪ 一株だけ遠くに咲いていました♪
DSC_3046.JPG

大きな岩も出現♪ う~ん、何だかカバさんの横顔みたい♡
DSC_3045.JPG

楽しく歩いて あっ、あれが山頂ねっ、あの建物のなかにもしか大黒様がっ?
・・・って思ったら休憩所でしたー、(笑)
DSC_3036.JPG

大黒岳(標高2772m)の山頂です♪
DSC_3037.JPG


「大黒岳に大黒様はいなかったけど 素晴らしい眺めに感動のわっしょい!!」
DSC_3038.JPG

パノラマビューの山頂からは・・・♪
目の前には魔王岳ねっ、登っている人たちが見える♪その後ろは恵比須岳かな♪
この感じではきっと魔王岳にも魔王はいないんだろうなっ(笑
DSC_3042.JPG

あれは桔梗ヶ原へと続く道なのかしら・・・いつか歩いてみたいね♪
DSC_3039.JPG

そして富士見岳の山頂ではガスに隠れてた剣ヶ峰も姿を現していました♪
DSC_3040.JPG


楽しかったね、お腹も空いてきたし畳平へ下りてお花畑を見に行きましょっ♪
あっ、鶴ヶ池の周りにコマクサがたくさん咲いてる♪そして池には空が映ってきれい♪
奥に見える楕円形の木道の場所がこれから歩くお花畑ねっ♡
DSC_3030.JPG


畳平まで戻り展望レストランで
うどんとお蕎麦を食べました♪♪ えっ、いなりずし? もちろん分けっこして食べましたよぉ!(笑
DSC_3055.JPG

さぁっ、次はお花畑でお花見放題へ出発ー♪


ご訪問ありがとうございますm(^^)m

花の乗鞍岳~②富士見岳 [百名山]

「乗鞍岳で高山植物の良い香りをいーっぱい吸って絶景をみたのち お花畑でお花の見放題を楽しむ山旅」の続きでーす♪
肩の小屋でひと休みしたのち 畳平のほうへのこのこ戻ります♪

正面に見えてきた山は「富士見岳」標高2817m
DSC_2991.JPG

ヒソヒソ・・ちぃ&かめぴーは今までに二度登りましたが一度目は雨でガッスガス、二度目は晴天だけど強風で山頂からの景色もソコソコに下山しました、だから「富士見岳から富士山は見えるのかっ?」は未確認のまま(笑)
さぁっ、山頂から富士山見えるのか、、確認登山---♪ ここからスタートねっ♪
DSC_2994.JPG


このルートには「ミヤマキンバイ」がたくさん咲いていました♪
花びらが散ったあとも星型でとってもキュート♡
DSC_3000.JPG



こんなふうにちいさな場所にも 咲くなんてかわいいな♡ 頑張って大きな株にな~れ!
DSC_3009.JPG



ふぅーっ、山頂までもう一頑張りねっ♪
DSC_3008.JPG


これは何かな、「アカモノ」かな。米粒サイズのかわいい花でしたよぉ♪
この植物は「コケモモ」だそうです。よしころんさんがコメントくださいました♪
よしころんさん、いつもありがとうございます!またよろしくお願いいたしいまーーす(^0^)
DSC_3010.JPG


たくさんのミヤマキンバイ♪ こんなに咲いているのを見るのは初めてだなぁ♡
DSC_3007.JPG



あっ、ちょっと立ち止まって、、、
ほら、重なる山、湧き上がる雲、、その間に見える遠くの山々、、まるで天空の窓♪  
山っていいね、こんなにダイナミックで美しい風景を見せてくれる・・
DSC_3005雲の間.jpg


山頂直下の岩場を登り「富士見岳」標高2817mの山頂に到着♡
山頂は狭くて岩がゴロゴロしています。山頂にいた人とお互いに撮りっこしました♪ 
私たちの後ろには乗鞍岳の最高峰の剣ヶ峰が見えるはずだけど雲の中でしたっ★
そして、、「今回も富士山は見えなかったぁぁぁ!ガックリ・・」(笑)
DSC_3013.JPG

パノラマビューの富士見岳だけど 雲が近くに湧き上がっているので 遠くのアルプスや富士山は見えない状態でした。
山頂目指して人がたくさん登ってきて狭い山頂は混雑してきました

さぁっ、畳平を眺めながら下りて行きましょっ♪
DSC_3015.JPG


下山して 富士見岳を眺めながらひと休み♪
わぁっ、あの道を下りてきたんだね、、カッコいい山♪、、「富士山」が見えるのか また晴れた日に登らなくてはねーっ(笑)
DSC_3025.JPG


次は、、まだ登ったことがない「魔王岳」に登ろうか、、でも目の前にある「大黒岳」も登ったことがない。。それでは「大黒岳」へ登りましょっ、、山頂に大黒様の像とかあるのかなー??

ご訪問ありがとうございますm(^^)m



花の乗鞍岳~① [百名山]

乗鞍岳・・・長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる剣ヶ峰を主峰とする23の峰の総称。日本百名山に選定されている。主峰は剣ヶ峰(3,026m)火山

さぁっ、それでは「乗鞍岳で高山植物の良い香りをいーっぱい吸って絶景をみたのち お花畑でお花の見放題を楽しむ山旅」の始まりでーす♪

標高2702m、畳平にある「乗鞍鶴ヶ池駐車場」にシャトルバスで到着♪ 早朝なのでまだ空いています♪
DSC_2938.JPG


今回ちぃは乗鞍岳のまだ登ったことにない「摩利支天岳」や「魔王岳」に登りたいな、、ってかめぴーに話していました。 予報は曇りだけど今は青空も見えているのでとりあえず摩利支天や剣ヶ峰のほうへお花を眺めながら歩きます♪

登り出しからこのスケールのデカいロケーションが広がるので ほんと乗鞍へ行くとテンションあがりますよぉ♡ ドームがある山が摩利支天岳ねっ(標高2872m)
DSC_2939.JPG


畳平にある「鶴ヶ池」の向こうに青く小さくみえるのは「槍ヶ岳」♡
DSC_2950鶴ヶ池.jpg

池の近くへは進入禁止ですが コバイケイソウやハクサンイチゲがたくさん咲いていますよぉ♪
ちぃは体調は微妙だけど たくさんの花を前に今日も浮かれまくり~(笑)
かめぴーは花を見つけて、ちぃにお知らせする係を担当(笑)
DSC_2949.JPG

美しい高山植物の女王さま、コマクサも早々と出現♪
女王さまたちは朝露で美しさUPしています♡
DSC_2958.JPG


かわいいハート型の花びらの花は「ミヤマキンバイ」
・・・このあと登る登山道にたくさん咲いていて超癒されました♡
キンバイ.jpg

雪渓を抱えた美しい池は「不肖ヶ池・・きえずがいけ」 (近くに行くことは出来ません)
摩利支天岳を造った火口なんですって♪
DSC_2969.JPG

ちぃが登りたいと思っていた「摩利支天岳」へのルートには侵入禁止のロープが張られていたので
諦めてのこのこ剣ヶ峰の登山口のほうへ進みます♪

わぁっ、大雪渓をボードを持って歩く人の姿がっ♪ 登りはキツそうだけど涼しそうーー♪
DSC_2984.JPG


朝日岳、蚕玉岳、剣ヶ峰へと続く「剣ヶ峰口」へ到着♪
DSC_2981.JPG

しばらく登ってみたけど ちぃの調子があがらず無理をしないで下りて他へ登るコトにしました♪
見えている「肩の小屋」まで下りてひと休みしましょっ♪
DSC_2983.JPG

途中で「チングルマ」を見つけ、ちぃもかめぴーも大喜びしましたよぉ♪
綿毛になってもかわいいチングルマ、、 かめぴー「ボクが一番好きな花やぁぁ♪」、、えーっ、コマクサが一番じゃなかったのかっ!(笑)
チングルマDSC_2985.jpg


肩の小屋で
かめぴーは「山菜うどん」を、ちぃはおしるこを食べました♪
あずきたっぷりのおしるこは 甘さ控えめだったな☆
DSC_2980.JPG

さぁっ、お花を眺めながら次の山へ行って見ましょっ♪
植物の良い香りにちぃの鼻はピクピク~、でもでも かめぴーは「花の匂い?わからないぞっ」ですってーー、もぉっ★(笑)
この花は「ヨツバシオガマ」♪
DSC_2943.JPG


次は「富士見岳」標高2817mと「大黒岳」標高2772mへ登ります♪
「富士見岳」では富士山が見えるのかな、「大黒岳」には大黒さまの像とかあるのかしらぁぁ??
気になるーー(笑)


ご訪問ありがとうございますm(^^)m

霧ヶ峰 車山乗越~車山肩 [百名山]

さぁっ、それでは『霧ヶ峰の美しい花をたっぷり眺める旅』の終わりです

霧ヶ峰の最高峰「車山」から下山しつつ霧ヶ峰乗越をめざします♡
最初は急な長~い階段でした。
初めて歩くこのルートは3方向に分岐していて分岐の少し前からニッコウキスゲがたくさん風に揺れていました♪
DSC_2906.JPG


「今年はカワラナデシコとか見てないよねー」ってちょっとガッカリしつつ歩いていたら
わぁっ、ここで登場ーー♡ 
DSC_2900ナデシコ.jpg



キバナノヤマオダマキも見つけました♡ うつむいて咲くオダマキを ちぃは地面に這うようにして
撮りましたよぉ(笑) とーっても優しげな花は癒され度100%!♡
オダマキ.jpg


花がいっぱいなので 嬉しくてちぃはずーーっと浮かれっぱなしです(笑
「花に向かって RUN and RUN~ふんふ~んっ♪」
走る.jpg

ちょっ、かめぴー、走る方向違ってるーー(笑
DSC_2911.JPG

ゆるいUPダウンを繰り返して「車山乗越」へ到着♪
DSC_2913.JPG

正面には「蝶々深山・・ちょうちょうみやま」標高1836mが見えました。
まっすぐに続く登山道、まだ登ったことがない蝶々深山、、名前から想像するともしか蝶々がたくさん生息してるのかしら、、ってちぃの妄想はもはやMAX(笑) 
ちぃが登りたいな、、って思ったのが伝わったのか かめぴーは「ボクはここで待ってるから登ってきてもいいぞっ」と言いましたが乗越周囲には木陰もなく座って待てる場所もなさそうなのでまた次の機会にしよう、、ってちぃは決めました♪
DSC_2915.JPG


ころぼっくるヒュッテ、車山肩の駐車場方面へ、の道には 木道が出現♪

乾いた木道を歩くのって好き♪ コトコト足音を立てて2人で歌を歌いながら楽しく歩きます♪
ヒソヒソ、、これが雨や雪の日の木道はツルツル滑って超危険なんですよーっ、ちぃは北八ッで雪の日に踏み外したコトあり(笑)
DSC_2916.JPG



あっ、イブキトラノオに仲良く蝶がお食事中~♡
DSC_2919.JPG


そして かわいいカラマツソウが咲いていましたよぉ♡ ぽわぽわ感がすてき♪
DSC_2923.JPG


のこのこ、のんびりと緩い登りを歩き車山肩に戻ってきました♪

「おつかれさま~」ってお出迎えしてくれたのは 鮮やかなアカバナシモツケ♪
花火みたいにきれい☆
シモツケソウDSC_2924.jpg


楽しかったね、、 今度は青空の広がる日に「蝶々深山」へ登りに来ましょっ♪ 
まだ見たことがない山頂から 伸びやかに広がる高原や湿原はどんなに美しいのかしら・・・


最後まで読んで下さりありがとうございますm(^^)m