So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

爺ヶ岳~下山 [登山]

登りは雨とガス、蒸し暑さとの闘い、、
そして美しい朝陽や花、山頂の素晴らしい風景に歓声をあげて眺めたすてきな山の「爺ヶ岳」から
いよいよ下山です♪

あーっ、種池山荘から出たらお約束のようにガスがっ(笑
でもいいんですっ、ガスガスは涼しいしお花たちもイキイキと咲いていてくれるはず♡
P7012387.JPG


わぁっ、仲良くぎゅうぎゅうにかたまっているコバイソウたち、かわいいなー♡
今年はコバイケイソウの当たり年らしい♪ どこかの山でたくさん咲いてるのを見れるといいな♪
P7012368.JPG


これはサンカヨウ、かわいいね♡
サンカヨウは雨にぬれると花びらが透き通るそうです♪ でも登りの雨の中でも透き通った花は
ありませんでしたー(*'ω'*)
さんかようP7012379.jpg


初めまして!シラネアオイさん♪ 涼し気な花だなー♡
P7012393ブログ.jpg


葉っぱがでっかいエンレイソウ・・インパクト大な面白い花ねっ♪
エンレイソウP7012370.jpg


わぁっ、美人なキヌガサソウ♡
美人P6302208.jpg


白っぽいイワカガミも出現♡
P7012401白.jpg

雪渓は少し緊張するけど 雪から涼しさが伝わり ひんやりいい気持♪
雪渓P7012390.jpg


柏原新道はとても歩きやすく分かりやすい登山道でした
雨水が流れるようにパイプが置かれていたり・・
ネット張られていたり・・植物を大切に、そして安全に登山出来るように配慮されているのがあちこちに見られ感謝しつつ歩きました♡
P7012409.JPG

かわいい蝶にも会えましたよぉ♡
P7012412かわいい.jpg


登山道はながーい樹林帯を歩きます
針ノ木岳が見えるらしいけど、ガスガスの中から雪渓がみえるだけでしたー(笑
P7012404.JPG


頑張って歩いて無事登山口に到着です

晴れていたら稜線に種池山荘が見えるそうだけど、残念ーー✰
でもかめぴーは言いましたっ
「登るとき見えてたら マジであんなとこまで登るんかいっ、、って絶望的になったかもなぁ」 
そうだねっ、見えなくて良かった、、って思うことも大切ーー(笑
P6302135.JPG


ちぃ&かめぴーの「爺ヶ岳トレッキングツアー」に最後までお付き合いくださり
「ありがとうございましたーー!!」(*^0^*)
南峰P7012302.jpg

次回は「山に登った後はお城にも登ろうぜっ♪」です(笑)
nice!(44) 

爺ヶ岳~南峰、中峰へ [登山]

昨日の続きです(^0^)

爺ヶ岳をめざして 標高2450mにある山小屋「種池山荘」さんへ宿泊♪
深夜まで強かった風雨が 朝にはやんで窓からは昨日ガスガスで見えなかった山々がっ♪
ちぃはソワソワと外へでました
P7012242日の出.jpg

おーっ、 あれが爺ヶ岳なのねっ♡
P7012245朝.jpg

朝日が昇り 正面の山々に爺ヶ岳の影が現われました♡
P7012258影.jpg


美しい山の朝・・澄みきった空にまるで天使がお散歩してるような雲♪
きっと今日は素晴らしい一日になるね・・・
P7012252美しい.jpg


山小屋で美味しい朝食を頂いたのち準備をして・・山小屋の朝ご飯はAM5時♡

爺ヶ岳のまず南峰へ向かってしゅっぱーつ♪
爺とちぃ(笑  早起き続きでまだ眠いです(笑
しゅっぱーつP7012263.jpg

まずは雪渓をトラバース♪ 
ぶろぐP7012264.jpg

おはよう、ナナカマドさん♪
秋には真っ赤になるナナカマド、花は白なのねー、清楚なお花♡
P7012275ナナカマド.jpg

開放感あふれるすてきなトレイル♪
P7012272トレイル.jpg

振り向くと種池山荘があんなに小さくなりました
中央の山は「剣岳」ねっ♪
登るP7012277.jpg


登山道はまるでお花畑みたい♡ ちぃ&かめぴー、超浮かれまくりました(笑
P7012289お花畑.jpg

特に 大好きなチングルマの花穂を見つけたとき、かめぴー、激喜んでいましたー(笑
花穂P7012285.jpg

登り続けて爺ヶ岳の南峰(標高2660m)の山頂です♪
P7012300ブログ.jpg


うっすらと富士山も見えますよぉ♡
P7012292富士山.jpg

そして憧れの槍さまもっ!
P7012304南峰から.jpg


さぁっ、次は あの爺ヶ岳の最高峰の「中峰」へ登りましょっ♪
南峰からいったん下ってからの登りです
P7012296中峰.jpg


すごく遠くに見えるけど、そんなに遠くない山の不思議(笑
すてきな山だなぁ♡
中峰P7012308.jpg

中峰は南峰より登山道が狭くガレた登りで楽しかったです♪


爺ヶ岳の中峰(標高2670m)の山頂に到着です♪
「花いっぱいの素晴らしい爺ヶ岳、大好きーー!!」
P7012321中峰.jpg

あっ、槍ヶ岳♪
「槍さま 早くちぃにおいでよメッセージ、くださいなぁぁぁっ!!」(笑
P7012324槍さま.jpg


中峰からは「鹿島槍ヶ岳」がより近くに見える・・・
次に登るときは鹿島槍へも登りたいな♪
P7012327鹿島槍.jpg

さぁっ、あの南峰へ登り返したのち種池山荘へと下り 下山開始です♪
登り返しP7012340.jpg

帰りは登りで撮れなかった花たちをいーっぱい撮るわぁぁぁ( ^ー´)ノ


ところがっ、種池山荘まで下りてきたら 早くもガスガスになってきたっ!(笑
剣岳も針ノ木岳も隠れてしまうなんて これはっ、下山もまさかのガスガス歩きなのかっ(T_T)
ガスガスP7012360.jpg

次回は下山とお花たちでーすm(^^)m

nice!(40) 

爺ヶ岳~種池山荘まで [登山]

爺ヶ岳(標高2670m)・・富山県立山町と長野県大町市にまたがる北アルプスの一座
     北峰(標高2,630 m)・中峰(2670m)・南峰(標高2,660 m)の峰からなり立つ山
     山小屋の情報では現在北峰は立ち入り禁止になっているそうです

爺ヶ岳はヤマレコで見てから登りたいなぁ、、って昨年から言い続けていました
今回いくつか登る山を検討した時 かめぴーが「爺ヶ岳にしようぜっ」って言ってくれました
(^0^)

ルートは・・1日目は扇沢にある「柏原新道登山口」から登り種池山荘で宿泊
      2日目に爺ヶ岳の南峰と最高峰の中峰に登り同じルートで下山
いつものようにイラスト描いてみましたよぉ♪
無題爺ヶ岳.png


さぁっ、初めて登る「爺ヶ岳」へ向かって出発でーす♪

柏原新道登山口に登山届を出して、、っと♪
P7012419.JPG

「ガッツリ登りなのにお天気変ったよぉ」・・雨苦手ちぃ、飛行機の音をカミナリと思って気にしてます(笑
スタートP6302138.jpg

「柏原新道」はよく整備され登りやすい登山道らしい。。
木の階段も段差が小さく嬉しいなー♡
P6302141ブログ.jpg

最初のポイント「八ッ見ベンチ」晴れていたら遠くに八ヶ岳が見えるらしいけど、今日は×ねっ
P6302151.JPG


登山道は超蒸し暑く 顔から汗が雨のように流れ ちぃもかめぴーも「暑い」を連発、どっちがたくさん汗出てるか 不幸自慢しまくって登りましたー(笑

あっ、ニッコウキスゲ♪ 花を見つけると凹みそうな気持ちもたちまちUP~♡
P7012415キスゲ.jpg

これはカラマツソウ♪ かわいいね
P6302165カラマツ.jpg

わww、どうなってこんなカタチになったのかっ(笑
山って不思議な木がいっぱいー☆
わぁP7012411.jpg


ギンリョウソウを見つけてかめぴーはテンションUP~(笑
P6302187.JPG


イワウチワもいっぱい♪ 「これはっ、絶賛イワウチワ祭りだねっ」、、って盛り上がります(*^-^*)
ガスガスや雨そして標高差をたっぷりクリアしないといけない登山、、青空が出てないと元気がでないちぃ、、でもでもたくさんのかわいい花をみると 頑張って登ろうって思えます♡
い合うちわP7012381.jpg

ルートにはこのような雪渓をトラバースする箇所が三ヶ所出現✰
一直線のトレースを滑落しないように歩きます♪ 登りは雨でカメラをしまっていたのでこれは
下山の時に撮ったものですよぉ
P7012383雪渓.jpg


ガスガスで展望もなく登り続け 下山してきた人に「種池山荘まであとどれくらいですか?」って聞いたちぃに笑って「すぐそこですよー」って教えて頂き。。。
わぁっ、ほんとにそうでしたー(笑
もうすぐP6302225.jpg


宿泊する「種池山荘(たねいけさんそう)」標高2450mに到着♪
ガスガスでまわりは真っ白
見えるはずの山々も 明日登る爺ヶ岳もガスの中。。
P6302227到着.jpg

夕方から雨もひどくなりました、、夜は風の音も強く 明日は本当に晴れるのかなぁぁ・・
次回に続きまーすm(^^)m

nice!(40) 

入笠山 [登山]

テント泊したキャンプ場から「入笠山」へ移動しました

沢入登山口からちぃは歩こうかな、、って思ったけどそれだと40分余分にかめぴーを待たせることになるので2人でゴンドラを利用し まずは「入笠湿原」へ♪

盛り盛りな花を期待してたけどまだ少し早いらしくお花は少し咲いてるだけでしたー♪
花を探しながら マナスル山荘方面へ歩きます
木道が新しくなってる場所がありましたよぉ
P5271431.JPG

100万株のすずらんも まだかわいい蕾さん♡
P5271443蕾.jpg


美しい白樺がシュッとたつ湿原は伸びやかで何度来ても大好き、、って思える場所♪
しらかばP5271438.jpg


あっ、クリンソウだねっ♪
P5271428.JPG

緑が美しい遊歩道♡
P5271446.JPG

マナスル山荘さんの近くの入笠山の山頂入口に到着♪
ここから山頂までは登りのコースタイムは30分♪ かめぴーは「ゆっくり登って来ていいよ」と言ってくれました♪
「ではでは、山頂までちぃのソロで行ってきま――す♪」
P5271355山頂へ.jpg

早い時間なのでまだ登る人も少ないけど ルートは何度か登っているし1人でも不安は0♪
P5271357.JPG


登山道と私(笑
P5271359.JPG
 

「おっ、よく来たな~」って並んでお出迎えしてくれる木たち、、しかしすごい根っこだわぁ♪
P5271358.JPG

「岩場コースと「岩場迂回路」に到着♪
もちろん、右の岩場コースへ登りまーす♪
P5271363.JPG


スミレさんと私♡(笑
P5271364.JPG

鎖もあるけど使わなくても登れます♪
P5271367.JPG

もしか、山頂直下のレンゲツツジ、咲いてるかもっ、、って期待してたけど蕾でした(*ノωノ)
P5271368.JPG


サクサク登って山頂に着きました!
入笠山・・長野県 標高1955m 山頂は360度のパノラマワールドで百名山22座が見えると言われています(*^-^*)
P5271375山頂ブログ.jpg

かめぴーに「ついたよー」って連絡、「なにーっ、もう着いたんか!」(笑

山頂から見上げる美しい青空♪
ヒソヒソ・・実はこの日は他の山へ、、の予定でしたがっ、いつもの「ちぃあるある」、前日にちぃに入笠山の神さまからの「登っておいでよ」メッセージが届きました(笑 かめぴーは「えーっ!またかっ」と言いましたが 登って良かったなーー♡



三角点に もれなくターッチ♪
P5271379.JPG


こんなに良い天気だったけどは霞んでいて富士山は見えませんでした
美しい八ヶ岳の山塊♪
P5271386八.jpg

山頂のズミは咲きだしたばかり♪
フレッシュでかわいいなー♡
P5271384.JPG

南アルプス、金峰山なども見え10分ほど山頂で美しい山々を眺めたのち 下山しました
かめぴーが待ってるので 花を眺めつつもちぃは走れるところは走りあっという間に下山(笑

頑張ったごほうびはマナスル山荘さんの美味しいソフトクリームをかめぴーと一緒に頂きました(。‘∀‘。)
P5271460.JPG

楽しいソロ登山ができたことを山の神さまと、それから待っててくれたかめぴーに大感謝しつつ帰りました♪ 楽しかったなー(*^-^*)



コメント(8) 

鎌倉アルプス・・天園ハイキングコース [登山]

2日目は のこのこ旅の最大の目的「鎌倉アルプス」を歩きます

「天園ハイキングコ―ス」 初めて歩く鎌倉アルプス♪
宿泊地の藤沢からJRでまず大船へ、乗り換えてスタートの北鎌倉へ行きました

ルートは 北鎌倉~建長寺~半僧帽~天園ハイキングコース入口~展望台~大平山~天台山~瑞泉寺(ハイキングコースは終了)~鎌倉宮~鶴岡八幡宮~鎌倉駅・・・かなりの距離でした
しかも2泊3日分の荷物をぎゅうぎゅう入れたバックパックを背負っています(爆


北鎌倉から登山口がある建長寺まで20分ほど歩いて 、、途中にすてきなカフェがあったり さすが鎌倉、民家も趣のある佇まいだねーってキョロキョロしつつ 
「建長寺」へ到着 古く広く立派なお寺でちぃは「カッコいい、すてき!」を連発しましたよー、まだ行ったことがなくて気になる人は 鎌倉に急いでねっ♪ あっ、でも石段たっくさんありますよぉ(笑 写真がなくて超残念ーー★
拝観料は¥500でした

半僧帽へ石段をたくさん登るとカッコいい「天狗像」が何体も立っています♪
天狗さんの背中越しに見下ろす風景がすてきなのでフォトスポットかも♡
そしてここからは 広くて美しい建長寺が一望できました。
今年初の「スミレ」も咲いていました

天園ハイキングコース入口に到着、、ハイキングの始まりねっ♪

このルートの途中でSDカードエラーでたくさん撮った写真は没に(ノ□`)・゜・。

SDカードを交換したのち再び張りきって歩きました
ルートにはこのように道標が立っているので迷わず歩けました♪
狭くてぬかるみの箇所も多いけど 大きな岩が長い間多くの人に踏まれて登山道になった場所も何度も出現♪  鎌倉アルプスは歴史を感じつつ歩く道なのねっ♡
分岐KIMG0229 .jpg

だがしかし、歩いてる人も多いので長いルートも寂しさはないです

鎌倉市の最高地点の 大平山に到着♪
KIMG0230.JPG

天気が良くて賑やかだねっ♪ 人大杉だったのでひゃっほーは自粛(笑
P3110005.JPG

わぁっ、ここからは「相模湾」が見えました♪
P3110004.JPG

ひと休み、もぐもぐタイム(笑)ののち さぁっ、先へ進みまーす♪

縦走は緩急あり、薄暗い樹林帯や陽射しが差すところなど、変化に富んでいて楽しくて
ちぃはもうニヤニヤしまくり、きっとすれ違った人にヘンなヤツ、、って思われたかもしれない(笑
P3110006.JPG


横浜市の最高地点(159.4m)に到着
P3110007.JPG

ここからは うっすらだけど、富士山がみえました♡ 
P3110008.JPG

大きな木と・・
P3110012.JPG

頭上で優しく 揺れる花・・
P3110011.JPG


歩く人たちを静かに見守るお地蔵さま・・
P3110017.JPG

ココロが癒されるすてきな鎌倉アルプスでした(*^-^*)
P3110019.JPG


頑張って天園ハイキングコースのゴール「瑞泉寺」へと下りたのちは 鎌倉の街を歩きます
くいしんぼちぃ、美味しいランチ食べなくてはっ(笑

次回は楽しい鎌倉の街歩きです

ご訪問ありがとうございますm(^^)m

天狗倉山~山頂 [登山]

昨日の続きでーす

さぁっ、天狗倉山の登山道を張り切って登りましょっ♪
すぐに階段が始まります。
山頂目指して のこのこ登ります。この日はたくさんの人にすれ違いました。地元の方も多かったみたいで「この時期が雨も少なく一番登りやすい時期だよ」、、などなどお話を聴きましたよぉ♪
IMG_3480階段登り.jpg

登山道は急登、階段の段差も小柄なちぃにはえげつない箇所もありましたー(笑
それでも張り切って登るちぃに かめぴーが山頂近くで「今日は階段をぐずらずに登れたなぁ」とほめてくれました(爆)
山頂近くで道が2つに分かれています
どう違うのかな??右から登り下山は左からにすることに決定
IMG_3513.JPG

右は海がチラチラ見える右側が切れ落ちた狭い道、左は山頂の大岩を巻くように歩く道でした

ゴロゴロ大きな岩の隙間を登ったら・・
IMG_3512.JPG

山頂に到着!
山頂は広くはなく 木の根っこが張り木の梯子や 「役小角」をお祀りした祠がありました。それから金属の梯子のかかった大きな岩、反対側は展望が良いけど断崖(笑
無事に登れたご挨拶をしましょっ♪ 
IMG_3489.JPG

ご挨拶したのち 大岩を登ってみました♪
IMG_3492鉄の階段.jpg

大きな岩の上は広く素晴らしい眺めでした♪ あっ、あれは大台ケ原方面かなー♡
IMG_3494大台ケ原.jpg

反対のほうには 尾鷲の街並み♪
IMG_3496尾鷲の街.jpg

大きな岩に座ってのんびりと遠くの山や、美しい海、そして街並みを眺める、、岩のぬくもりと青い空、、なんてすてきな山♪
IMG_3503.JPG

「素晴らしい馬越峠と楽しい天狗倉山に感動のひゃっほーー♡」山頂にいた方に撮って頂きました♪
IMG_3499山頂から.jpg

のんびりしたのち梯子を下りて、、
IMG_3493.JPG

今度はもう一つのルートから下山しました
下山.jpg

馬越峠に下りて石畳を歩いて登山口まで戻りました
山頂で食べ忘れた三角のパンを途中で食べました、、山ではやっぱ△パンでしょっ(^_-)-☆
すてきな熊野古道にかんぱーーい!!
IMG_3515.JPG

古のロマンあふれる馬越峠、 アスレチックな天狗倉山、とっても楽しい山歩きでした
あっ、天狗さんには会えませんでした、そして山頂には倉も建ってなかったでーす(^艸^*)


ご訪問ありがとうございます♪

馬越峠~天狗倉山 [登山]

18日、熊野古道の馬越峠を歩き天狗倉山へ登りました

馬越峠(まごせとうげ)・・三重県北牟婁郡紀北町から同県尾鷲市にある熊野古道
天狗倉山(てんぐらさん)・・尾鷲市と紀北町にまたがる標高522mの山

馬越峠海山登り口(標高46m)~馬越峠(標高332m)~天狗倉山(標高522m)のピストン

馬越峠は尾鷲ヒノキや杉の林の中、保存された石畳をずっと歩くらしい、、ちぃは超ワクワクしています

昨日の強風が止んで 寒いけどお天気も良さげ、さぁっ、出発ーー♪
IMG_3445登山口.jpg

苔むしたすてきな石畳を のこのこ歩きます
IMG_3450.JPG

途中にはこんなふうに道標がずっとたっていました
IMG_3463.JPG


ここは「夜泣き地蔵」明治までは旅人の安全を祈るお地蔵さまだったそうですがそののち こどもの夜泣き封じを祈るお地蔵さまになったとか、、長い時の流れの中でたくさんの人たちの想いをうけとめてきたお地蔵さまなのね・・
IMG_3452.JPG




ちぃは「馬越峠」についてはアレコレ予習してきたのでドヤドヤとかめぴーに説明しましたっ(笑

足元もしっかりチェーックしましょっ、「一枚岩の橋」もありましたよぉ♡ 
沢の水はきれいでした♪
IMG_3519.JPG

あっ、ちょっとロングサイズだけどハート型の石♪
IMG_3518.JPG
大きな杉の木にハグしたり 面白い岩におどろきつつ楽しく歩き続けて・・
IMG_3471.JPG

「馬越峠」に着きました
IMG_3466.JPG


ここは昔、茶屋があったそうです
休憩所やベンチがありました
IMG_3465 馬越とうげ.jpg

ここは「天狗倉山」と「便石山・・びんしやま」の分岐があります。
ちぃは最初は便石山へ登ろうと思っていました。どちらの山も階段続きの登山道、とくに便石山は最後の標高差300mは急な階段をずっと登るらしい、きついってヤマレコなどに書いてあった。階段超苦手ちぃ、それでも苦手克服しようときた・・


ところがっ、便石山までここから60分と聞いていたのですがなんと120分と書いてあり、しかも馬越峠を一度激下りのちの登りのルートを見て、かめぴーはどん引き★
確かに便石山は遥か彼方にそびえていましたっ(笑
あれはっ、2時間かかるわーーっ☆ 便石山の神さまの「なんだ、こないのかーっ」の声が聞えそうでしたがっ(笑
IMG_3467.JPG


「帰りの高速の渋滞にはまりたくない、でもちぃが登りたいなら行ってもいいよ」、、とかめぴーはいったのですがちぃも今回は「天狗倉山」でいいって思いました。
馬越峠から「天狗倉山」は急登の階段をのぼりコースタイムは30分と書いてあるので 今日は良い天気だし 山頂でゆっくり過ごすのも楽しそう♪
さぁっ、そうと決まったら、「天狗倉山」、どんな山なのか、張り切って階段を登りましょっ!!
IMG_3468.JPG


初めて登る「天狗倉山」・・標高もそんなに高くないし、きっと山頂は広くて平でベンチとか展望台とかあるのかなー、って考えていたちぃでしたがそれは全く違っていて 想像以上に楽しい山でした
楽しい天狗倉山は次回でーす(*^0^*)/

ご訪問ありがとうございますm(^^)m

山頂 [登山]

昨日の続きでーす

秋葉山の山頂にある「秋葉山本宮秋葉神社」を参拝したのち山頂の茶屋に行きます♪

「神楽殿」には、、ジュビロ磐田の絵馬♪
IMG_3348.JPG

社務所の横には、、わぁっ、嵐の二宮さんの植樹がありましたよぉ♪
山頂までは車でも来れるので二宮さんは登山道じゃなく車で来たのかなぁ、、ってちょっと気になるなーっ(笑(*‘∀‘)
IMG_3353.JPG

さぁっ、茶屋へ入りましょっ♪
IMG_3354.JPG


お土産コーナーもあり食事をできたので
かめぴーはとろろそば♪ とろろがまるでお餅みたいに粘りがあり美味しかったらしいです♪
IMG_3355.JPG

ちぃは「味噌カツ重」♪
まるでコーティングされたみたいなテリっテリなお味噌♪
カツの厚みはそれほどではないけど とっても美味しかったですよぉ♡
どちらにも「金のラスク」が付いていました♪ えっ?もちろんっ、カツ重はちぃが三分の二、残りは
かめぴーに食べてもらいましたよぉ(笑 小鉢の黒い物体はシイタケの煮物でした♪ シイタケが特産なのかな、お土産にも干しシイタケが販売されていました
IMG_3356.JPG

お腹いっぱいになったので境内を少し歩きました
おぉっ「天狗の皿投げ」ですって♪
IMG_3358.JPG

あの輪の中に入れるのねーっ、意外とイケるかも、、って思ったけどチャレンジはしていません(笑
IMG_3360.JPG

これは本殿にあった金のおみくじ♪
IMG_3351.JPG


のんびり過したのち
それでは境内で最も古い建造物の「神門」をくぐって下山です
IMG_3362.JPG

古い彫刻も迫力ある姿で通る人を見守っていました♪
IMG_3363.JPG



静かにたち並ぶ杉の木から たくさんの癒しをうけました♪
IMG_3376.JPG

楽しかったね♪
また季節が変わったらこの優しい道を歩いてみたいね♡
IMG_3372下山.jpg


最後まで読んでいただきありがとうございますm(^^)m

秋葉山 [登山]

4日に静岡県にある秋葉山に登りました♪


秋葉山・・・あきはさん。標高866m。南アルプスの南端に位置する。山頂には秋葉山本宮秋葉神社がある

ルートは表登山道からのピストン、標高差760mほどを登る。休憩を含まない登りのコースタイムは2時間30分。

駐車場(無料、トイレもあります)に車をとめ登山口へと出発ー♪ 
マイナス3℃、いつも思うけど駐車場が一番寒く感じるー(笑 
しばらく車道を歩いたのち赤い橋を渡って進みまーす♪
IMG_3287出発.jpg


最初は石畳の急坂をのこのこ♪ かなり急なところもありますが、階段ではないのでちぃは絶好調(笑
この坂道沿いにカフェはありましたよぉ♡
IMG_3289.JPG

しばらく登ると「三ノ鳥居跡へ到着♪ここから樹林帯に突入です♪
IMG_3297.JPG

シダと杉に囲まれて歩く登山道、最強寒波の日なのにたくさんの杉が風を遮ってくれるので
寒さを感じることなく楽しく歩けます♡
鳥の声に耳を傾けつつ、風を感じつつ目の前に続く道をひたすら登る、、とてもシンプルな行動だけど
自分の体もココロも それをとても喜んでいるんだ、、って感じるすてきな時間♡
IMG_3302 杉.jpg

登山道にはテープのマーキングやこんなふうに「~丁目」と書いた木が立っています、、ヒソヒソ、、この「~丁目」は数字が前後したりなのであまり気にしないほうがよいみたいでしたー(笑
IMG_3304.JPG

参道なのでこんなすてきな灯籠も点在していました♪
IMG_3303.JPG

海抜500mまで登ってきました♪
IMG_3318.JPG

その先には「富士見茶屋跡」がありました。
昭和18年の山火事で家屋が全焼したと書いてあります(>_<)
茶屋はもちろん営業されていなくて 廃屋っぽいのが残っているだけでした
IMG_3319.JPG


さらに進んで海抜580mの場所には鉄塔があり、、ここから「富士山」が見えました♪ 
かめぴーは秋葉山は富士山を眺めながら歩ける、、って思ってたらしくここから見えた以外は
樹林帯をコツコツ登るため景観はなくてちょっとガッカリしてました(笑
IMG_3324.JPG

鉄塔の横にはベンチがありひと休み♪
富士山の見える鉄塔にバームでかんぱーい!!
IMG_3326.JPG

さぁっ、休憩したのちは元気に山頂目指しましょっ♪
標高704mまで登ってきました
ここには「秋葉寺(しゅうようじ)」がありました
IMG_3331.JPG
 
秋葉寺にはベンチとトイレもあります。表登山道は登山道が整備され道標もあり途中にこうしてベンチやトイレもあり歩きやすいですね♪

秋葉寺から30分ほどで山頂、、ここから雪が出現、しかも樹林帯なのでガッチガチに凍ってて
滑りそうでしたー(笑
IMG_3341.JPG

わぁっ、ほんのりハート型♪
IMG_3334.JPG

あと少しで山頂ねっ♪ だがしかしこの先に雪でツルっツルな道が待っていましたがっ(笑
ちぃはこの日、登山口からずっとトレッキングポールを使わないで登ったのですが この雪の坂だけかめぴーから1本借りて歩きましたよぉ✰
IMG_3344.JPG

石段を上がり金の鳥居をくぐったら。。山頂です
IMG_3346.JPG

山頂には 火防せの神さま「秋葉山本宮秋葉神社」がありました♪
さぁっ、神さまにご挨拶しましょっ(*^-^*)
IMG_3350.JPG

かめぴーが「神社やでひゃっほーは控えめにしとくか」って言うので 少し下りた場所で(笑 
「楽しく登ってこれました♪ 素晴らしい秋葉山に感謝のひゃっほー♡」
山頂IMG_3361.jpg

山頂には茶屋がありそこで温かい物を食べることにしましたよぉ♪
山頂のアレコレは次回でーす♪

今週はバタバタちぃで記事を書くのがすっかり遅くなりましたっ((*'ω'*)
最後まで読んでいただきありがとうございますm(^^)m

皇踏山 [登山]

2017年の登り納めは 小豆島の「皇踏山・・おうとさん」に登りました

2016年の登り納めは小豆島の「星ヶ城」でした。青春18きっぷを使って小豆島の旅、今回も18きっぱーです♪
小豆島の土庄港から見えた双耳峰の山「皇踏山」、つぎはあの山へ登りたいね、、って登り納めの山に選びました♪
嘔吐さん.jpg

小豆島の東に「星ヶ城」西には「皇踏山」といわれているらしいです♪

「皇踏山・・小豆島にある山。標高394m。応神天皇が山の麓にある宝生院のシンパクの木を植えたという伝説があり天皇が踏んだ山、、が名前の由来と聞きました。「皇踏山」にも星ヶ城と同じように山上に山城址があり 実際に苔むした石垣があり 古代ロマンをいっぱい感じる山でした♪

野外活動センターから遊歩道を歩いて登るルート以外に山を直登するルートがあるらしいので ちぃ&かめぴーはもちろん、直登ルートを選択しました♪

お宿の送迎バスが特別に登山口方面まで送ってくださったのでそこから 皇踏山を眺めつつ 登山口をさがしながら30分ほどのこのこ歩きました♪
DSC_0851.JPG

あっ、ゴミ集荷場所の横に登山口発見(笑
DSC_0852.JPG


登山口から第一展望までは1時間らしい、標高も低いしきっとあっと言う間やわ、、ちぃは張り切りましたっ。
はいてる靴はトレッキング用ではなくKEEN のウィンターブーツ、しかもバックパックは18きっぷの旅の荷物が7kgズッシリ(笑 この後超ワイルドな登山道が待ってるなんて知らないで、超ナマイキ(笑
あっ、かめぴーはちゃんと山の格好でしたー(笑
出発DSC_0858.jpg

登山道はすぐにワイルド感が漂ってきました・・ダム?水音もしないよね、、と2人で話しながら進み・・
落ち葉いっぱい、時には枝漕ぎしつつ トゲを避けつつ 、、踏み跡を確認しつつまるで子供のころ登った裏山みたいでウキウキ♪ 
DSC_0882.JPG
登山道はこのように案内が第一展望まではしっかりありますが えっ、どこを歩くの?考えるところもありました★
DSC_0860.JPG

倒木をくぐったり 細い急登の道では バックパックが重いので「わわw、後にひっくりかえるぅぅ」っとうるさく歩きました♪ 
DSC_0872倒木.jpg

わぁっ、こんなに寒いのにまだ頑張って咲いている花がっ♡ 嬉しいなぁ、ありがとう♡
DSC_0887.JPG


登り続けて第一展望台に到着♪
土庄の街や海が見えます♪
DSC_0889第一展望.jpg

「滑らかで美しいこの海がまた見れました♡楽しい皇踏山に感謝のわっしょい!!」
思いっきり逆光ですがっ(笑
DSC_0891展望ひゃっほー.jpg

さぁっ、山頂へいざっ!!

少し歩いたら、ひえーっ、これはっ、まるでジャングルやないのっ!!
先頭を歩いてた ちぃは埋もれそうになり、、退散ーー(笑
DSC_0899ジャングル.jpg

かめぴーが先頭に(笑
DSC_0897ジャングルかめp.jpg

ジャングルの先はなんだかジブリアニメに出てきそうな岩ゴロゴロの薄暗い森を歩き・・
DSC_0907.JPG

ついに皇踏山の山頂です♪
山頂は狭く大きな岩がいくつかあるだけでしたが 小豆島の北西の美しい海が見えました♪
DSC_0900山頂.jpg

山頂の岩で少しのんびり海を眺める?と思ったら、、かめぴー、ここまでで誰一人会わなかったこともあり少し恐怖も感じてたらしく、曇ってきたし下山しようと言います。
ちぃはイノシシとかでたら困るよねーっ、と思ったぐらいで 浮かれまくっていましたがっ(笑
帰りは 遊歩道を歩いて野外活動センターのほうへ下山することにしました♪

だ~れもいない遊歩道を地図を片手にのこのこ歩き続けます(笑、、
DSC_0911.JPG

途中に山城城址の案内がありましたが 荒れた感じで立ち寄らずに過ぎました
DSC_0909.JPG

野外活動センタ―らしい建物が見えた時はホッ♡
DSC_0912.JPG

無事下山、そのあとは舗装路を30分歩いてバス停へと向かいました
舗装路にでたら雨が降り出しました★
DSC_0916.JPG

バス停についてほっとして歩いてきた道をふりかえったら 大きな小豆島大観音が見えました
DSC_0917.JPG

ちぃ&かめぴーの登山史上「キングオブワイルド」&「キングオブ誰にも会わなかったマウンテン」
ワイルドなのは大歓迎だけど 誰にも会わないのは寂しすぎ-ー(笑
皇踏山を西から登って東側へぐるっと歩いた楽しい山旅でした、いっぱい歩いたなーー(*^-^*)

最後まで読んでいただきありがとうございますm(^^)m