So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
鈴鹿セブンマウンテン ブログトップ

釈迦ヶ岳② [鈴鹿セブンマウンテン]

昨日の続きです

釈迦ヶ岳の最高点から三角点のある山頂へ向かいます。最高地点は標高1097mなのになぜか 山頂は
標高1092mのところにありましたー♡
でもでも展望が良くすてきな場所でした♪

「ここが釈迦ヶ岳の山頂♪ そして山頂にはお釈迦さまはいませーーん!!」(笑
P4160608山頂.jpg

少し休んだ後、周回ルートへの分岐へ向かいます
猫岳と羽鳥峰(はとみね)、二つの山を登ってハト峰峠から猫谷を歩いて下山です(猫、鳩,ハト、猫ってなんだかややこしい笑)
初めて登る猫や羽鳥、、どんなピークなのかしらぁ、ちぃはワクワクしましたよぉ
P4160609.JPG

わぁっ、バイカオウレンが咲いてる♪
P4160601.JPG

そしてまるで山の空の色みたいなハルリンドウも咲いていますよぉ♡
春林道P4160614.jpg

アップダウンを繰り返して、あっあれが猫岳かな♪ けっこうな登りかも、、って思ったけど
登って見たら意外と近い猫岳でしたー(笑
P4160615.JPG

猫岳(標高1057m)の山頂です♡
ここにはまぁるく大きな岩がありました。それが「猫岩」だったらしいけど撮り忘れましたー(*'ω'*)
P4160617.JPG


さぁっ、次の「羽鳥峰」をめざして先へ進みましょっ♪
アップダウンを繰り返しなが続いている開放感あふれるトレイル・・風が強いけど楽しく
歩けるなぁ
P4160627.JPG

おーっ、盛り盛りな馬酔木♡
P4160624.JPG

歩き続けて、、
あれがきっと羽鳥峰♪
羽鳥峰への道は砂の道、そしてピークは大きな岩が重なっていました♡
P4160635羽鳥.jpg

「今日三座めの、羽鳥峰の山頂です♪岩と砂礫の美しい羽鳥峰、大好きー♪」
ヒソヒソ・・思いっきり足を上げていますがこのピークは落ちたら怖い場所でしたー(笑
P4160638羽鳥峰.jpg

ちぃは今日登った山で羽鳥峰が一番好きかも、って思いましたよー♡ おっきい岩たちは温かくパワフルでしたっ♪

下を見るとハト峰峠、、その向こうにはハートの地上絵がっ(^o^)/
さぁっ、下りてみましょっ
P4160640.JPG


ハトには豆でしょっ♪(笑
すてきなハト峰峠に美味しい豆でかんぱーーぃ!
P4160643.JPG

足元にはかわいいスミレが咲いていました♪
P4160646.JPG

羽鳥峰(はとみね)を見上げながらおやつを食べてひと休みしたのち 猫谷を下りて下山です

沢を渡ったり・・
P4160654.JPG


急な岩場を騒ぎながら下りたり・・
P4160659ツルツル.jpg


咲いていた桜に歓声をあげたり・・
P4160669.JPG

楽しかったね、、、今度は猫谷を登って 羽鳥峰や猫岳、釈迦ヶ岳へとまた登ってみたいね♪
P4160664.JPG



最後まで読んでいただきありがとうございますm(^^)m

釈迦ヶ岳① [鈴鹿セブンマウンテン]

鈴鹿セブンマウンテン、ちぃ&かめぴー6座目の釈迦ヶ岳へ登りました

釈迦ヶ岳・・標高1092m 三重県と滋賀県にまたがる山 鈴鹿セブンマウンテンの一座


さぁっ、朝明渓谷の登山口から出発でーす
ルートは中尾根新道で釈迦ヶ岳の最高地点~釈迦ヶ岳山頂~猫岳~羽鳥峰~猫谷を下りてスタート地点に戻る周回コースです 

初めて登る釈迦ヶ岳、、ヤマレコを見てたっぷり予習したちぃは 張り切っています(笑
P4160542 スタート.jpg

スタートしてすぐに片側は谷になった細~い道が出現☆ 「おっ、さすが鈴鹿の山や、あなどれないなぁ」と かめぴー喜ぶの図
P4160546狭い道.jpg

美しい水が流れる沢を渡渉して進みます
P4160549渡渉.jpg

急登の登山道をぐんぐん、登って行きます
森の中は椿の花が落ちてたり、あっ、うにゅっとカーブした木があるよー♪
P4160553.JPG

早くもかわいい花がっ、ちぃのテンションは↑↑(笑
P4160556.JPG


両側が切れ落ちた尾根道、でもまだここは道幅が広いからラクラク♪
P4160557.JPG

それでも頭上のミツバツツジを撮るときは谷に転げ落ちないようしっかり足元確認ねっ(笑
青空を喜んでるみたいなツツジさん♪
P4160560三ツバ.jpg


ほらっ、こんな木の隙間にちっちゃなキノコが生きてる♪
P4160562.JPG


がんばれ、かめぴー♪
がんばれP4160571 .jpg


がんばれ、ちぃ、、ってかわいいショウジョウバカマが励ましてくれます♡
P4160578しょうじょうばかま.jpg

2時間ほど登り続けて2つの尾根道の合流地点「釈迦白毫・・しゃかびゃくごう」に着きました♪
P4160584.JPG

ひと休みしたのち、、さぁっ、予習では、ここからはちょっと緊張が必要なゾーンに突入ねっ(笑
雨上がりでお天気は良いけど風が強い中を 飛ばされて左側の谷に転げないよう、、でもでもまるでちぃが歩くタイミングに合わせたみたいに強風がっ!!
ちぃは帽子を押さえつつ「ぎゃぁーっ、きゃぁぁっQQ」っと叫びながら走りましたー(笑
きゃーっP4160586.jpg


だがしかし、もっと先に待っていたのは・・・

「ひぇーっ、これが、ヤマレコで読んだこのルートの核心部かっ!」
ちぃ、ルートを見下ろして固まる(笑 
ヒソヒソ、、画像では分かりにくいかも、ですが かなりの高度感とヤセすぎな尾根でしたー
そういえば最近岩場とか歩いてないなー、歩きやすい山ばっかだったわ、、とかグズグズ思いつつ、さっ、下りまーす(笑
P4160590核心部.jpg

そして激下りののち 強風の中を飛ばされて落ちないようまたしても走り抜け、黄色の線のように
今度は転んだらたぶんとまらない急登の登山道をのこのこ登りましたー(笑
ほんと期待を裏切らないアスレチックな鈴鹿の山って、最高~ってちぃはブツブツ&ニヤニヤしつつ進みました(爆
P4160592 激下り.jpg

頑張って登り続けて 
P4160596.JPG


釈迦ヶ岳の最高点(1097m)P4160598最高てん.jpgに到着♪


「アスレチックで楽しい登山道の釈迦ヶ岳、大好きーー!!」
P4160599ひゃっほー①.jpg


釈迦ヶ岳は最高地点と三角点のある山頂が別にあります
さぁっ、次は三角点をタッチしに山頂へ行かなくてはーー!!(*^0^*)
山頂にはもしか お釈迦さまの像とかあるのかなぁぁぁ

藤原岳~山頂 [鈴鹿セブンマウンテン]

昨日の続きでーす

八合目を過ぎるとたくさんの福寿草が出現しました♡
P3310303_2.JPG

鮮やかな黄色の花びらはツヤツヤでとってもキュート♡
山の斜面に咲いていて登山道の一番近くに咲いている花を足を止めて撮ったり眺めたり♪
かめぴーと2人で「かわいい」を連発(笑
P3310298_1.JPG

浮かれまくっていると足元に注意でした―☆
画像では分かりにくいけど片側が谷のようになった橋はびよん~びよ~んって丸太がたわむので
怖い橋でしたー、ちぃは大騒ぎしながら渡っています(笑
P3310306.JPG

 緑色の植物は「ヤマネコノメソウ」
P3310260_2.JPG

九合目からは急登だったなぁ
P3310263.JPG

頑張って登り続け避難小屋の「藤原山荘に到着♪ たくさんの人が休憩していました。
なんとトイレもありましたが行列できていました(+o+)
P3310264.JPG

ここからは山頂が見えましたよぉ♪
「あれが山頂かっ、20分で着くのかっ、ボクここで待ってようかな、●×◎△」などなどかめぴーは
なにやらつぶやいていましたがっ(笑
さっ、私たちも休憩、休憩しましょっ(爆
P3310265.JPG

休憩ののち かめぴーはバックパックを山荘近くにデポ、いざっ、山頂へ――
遠くに見えても意外と近い、、山って不思議ーー(笑

山頂へ向かうルートには「ハナヒリノキ」が群生していました
有毒植物でハナヒリはクシャミの意味らしいです
P3310267.JPG


登山道に雪はなかったけど まだあちこちに残雪があるのね♪
P3310277.JPG

開放感あふれる素晴らしい山頂への登山道、、だがしかし 急登の草の斜面で「転がったらたぶん とまらない」ルートでした(笑 お天気悪かったらぬかるんで大変そうかも✰
P3310278.JPG


山頂直下に緑色の不思議な花「オニバシリ」ちぃは山頂が見えてても花を撮る(笑
P3310279.JPG


着きました♪ 
「藤原岳」標高1140mの山頂です
近くのいた人が撮ってくださいましたー♪
「かわいい花がいっぱいの楽しい藤原岳、大好きーー!」
ヒソヒソ、藤原岳のプレートは重くしかも岩場なので このぽーぢんぐはタイヘンでしたー(笑
P3310281.JPG
藤原岳は石灰岩からできているので山頂は岩ゴロゴロ、そんなに広くはなく山頂を楽しむ人でいっぱいでした♪
少し風景を眺めたのち人も多いので下山開始です
さぁっ、またあの遠くに見える藤原山荘へと向かいます
P3310270_2.JPG

途中で初めて見る「キクザキイチゲ」が一輪ひっそりと咲いていました♪ かわいいーー♡
P3310296.JPG

かわいいを連発しながら眺めていたら近くにいた人に「山頂にセツブンソウ咲いてたよ、見た?」、、って聞かれ「えーーーっ!!」
山頂は岩ゴロゴロなのでまさか花があるとはっ、見落としてガッカリ、、初のセツブンソウ、見たかったなー(T_T)

このあとは同じルートを登山口へと下山しました
初の藤原岳、福寿草もたくさん咲いて楽しい登山道で とてもすてきな山でした
また登りたいな(*^-^*)


藤原岳~① [鈴鹿セブンマウンテン]

「藤原岳(ふじわらだけ)」に日帰り登山しました

藤原岳・・・標高1140m
三重県いなべ市と滋賀県東近江市の境界に位置する山 花の百名山、日本三百名山、鈴鹿セブンマウンテンの一座です
P3310209.JPG


観光駐車場に車をとめ 登山口へと車道を10分ほど のこのこ歩きます

登山口には 駐車場、きれいな建物の「藤原休憩所」がありました
お天気良い、花がたくさん咲いてるらしい、休日、、なので登山口の駐車場はすでに満車、そして早朝なのに人もいっぱいでしたー♪ ここはきっと人気の山なんだなー♡
P3310213.JPG

ルートは表登山道~藤原山荘(避難小屋)~藤原岳のピストン

さぁっ、ちぃ&かめぴー、鈴鹿セブンマウンテン五座目、花の百名山、
そして初めて登るので超張り切って出発~(*^0^*)
標高はそんなに高くないけど 標高差1000mほどだから結構ガッツリ登り、 鈴鹿の山は急登ありできっと甘くないはずなのでとっても楽しみ―♪、それにきっと花がたくさん咲いてるのかなぁ♡
P3310215.JPG

登山道はマーキングしてあり整備された歩きやすい道♪ 
P3310216.JPG

二合目から九合目までこんなふうに標識があり安心♡ そして登る人が多いので寂しくない(笑  登山道も狭くないので渋滞もなく楽しく歩けます、、ヒソヒソ、ソロの男性から「いいカメラ持ってますね!」って声をかけられ「買ったばかりなんですっ♪」と張り切って答えました、きっと新しいカメラを持ちニヤニヤちぃはしてた、、に違いないですね(爆
P3310219_1.JPG

あっ、花の香り、、って思ったら「馬酔木」かわいい花のカタチねっ♪
ちぃが撮っていたら 登ってきた人たち「なんていう花?」って聞かれたので「アセビです♪」って張り切って答えました(笑
P3310226.JPG

続いてかわいいスミレさん♪ タチツボスミレも咲いてたけどうまく撮れず(-.-) 小さな花を撮るって難しいなぁ✰ 座り込んで撮り走ってかめぴーに追いつく、、の繰り返しが始まりましたー(笑
P3310229.JPG


ふーっ、五合目だぁ、、って言ったら通りすがりのおじさまに「まだ十合目まで登らないかんよー」って声をかけられ「はーい、がんばりまーすっ」(笑
P3310231.JPG

あれっ、これはっ、初めて見る花かもっ♪ たぶん名前は「キランソウ」♪
P3310233.JPG

五合目の先で道が分かれていたので私たちは急登のショートカットコースへ・・
石に座ってひと休みしましょっ♪
怪しげな格好でパンをもぐもぐかめぴー(笑 あっ、でもこのパンは粒あん&ホイップクリームが入って美味しかったんですよぉ♪
P3310236.JPG


ちぃはこの日 頂いたばかりのシェリ―メイと一緒に登りましたよぉ♡
お姉ちゃーん、ありがとー、これからもいろんな山に連れて行きまーーす(^0^)
P3310237.JPG


またしてもかわいい花が出現♪ カタバミの仲間かなぁ。。
P3310241_1.JPG

頑張って登って八合目に到着♪ ここは広場になっていて多くの人たちが休憩していました♪
P3310247_2.JPG

先へ進みます♪ 
「ヒロハノアマナ」・・ 小さい花は気をつけないと踏まれてしまいそうな場所に咲いている・・・
踏まれないで元気に咲き続けてね!!
P3310249_2.JPG


美しいセリバオウレンもひっそり(#^.^#)
P3310251_1.JPG


さぁっ、もうすぐ九合目ねっ♡ そして楽しみにしていた福寿草にいっぱい会えるかなーー♪♪
P3310307.JPG

次回に続きまーす(*^^)/

ご訪問ありがとうございますm(^^)m

竜ヶ岳② [鈴鹿セブンマウンテン]

昨日の続きです

竜ヶ岳(標高1099m)の山頂に到着です。
山頂は多くの人がいて思い思いの場所に座って楽しそうに過ごしていましたよーっ♪

あっ、三角点だね! 小さいお地蔵様が三角点を守っていますよぉ♪
DSC_0635.JPG

それではっ、人が多いので控えめなポーヂングですが(笑)
「憧れのシロヤシオが見れて嬉しいな♪ 素晴らしい竜ヶ岳に感動のひゃっほーー♪」・・・とココロの中で叫びつつ(爆)
DSC_0643.JPG


さぁっ、座って山々を眺めながら行動食を食べましょっ♪ あんぱん、コロッケパン、おにぎり、わぁっ??撮り忘れとはっ★(笑)

良い眺め~♪御在所岳や 伊吹山や藤原岳などの山々が見えました♪
DSC_0636.JPG


これが「竜ヶ岳の羊」と呼ばれる眺めなのね♪
草原に散らばるシロヤシオなどの木が放牧されている羊みたいに見える風景です。まぁるい木の羊がかわいいな♪ 山頂付近のシロヤシオはピークをすぎてるみたいで 所々に白い羊、緑の羊が多かったです(笑)
右の山はたぶん、「藤原岳」
DSC_0637.JPG

あっ、かわいい蝶が近くにとまりましたよぉ♪
DSC_0644.JPG

お腹がいっぱいになったちぃは 「あれっ、これはなーに??謎の箱、発見☆」 などと山頂をウロウロ(笑)
DSC_0646.JPG

気持ちの良い山頂に40分程のんびりしたあとは 同じルートで下山ねっ♪
「楽しかったね、シロヤシオが満開の時にまた登りましょっ♪」
この先に崩落箇所があり迂回ルートがありました
DSC_0648.JPG


重なる緑の山々、青空の雲をながめながら ちぃはなんども深呼吸して歩きました
DSC_0654.JPG


帰りはなんだかあっという間に登山口に着いた気がしました
登山道のシロヤシオのトンネルを浮かれまくりながら歩いたちぃです(笑)
地面に散った花が絨毯みたいで楽しかったな♪
DSC_0625.JPG



最後まで読んでいただきありがとうございます(*^0^*)
DSC_0664.JPG


竜ヶ岳① [鈴鹿セブンマウンテン]

竜ヶ岳・・・三重県いなべ市と滋賀県東近江市の境に位置する山で標高1,099 m。鈴鹿セブンマウンテンに選ばれています。櫛形で優しい山容の山です
DSC_0577.JPG


さぁっ、それでは登りましょっ♪
登山コースはいくつかあるけど 最短コースの石榑峠登山口→重ね岩→稜線→山頂 
稜線へ出るまでは急登、ザレザレやロープや鎖場もあるらしい、、でもっ、稜線へでたら昨日の画像のようにとーっても素晴らしい登山道が待っている、、ちぃもかめぴーもウキウキとスタートです
わぁっ、登山口から砂のザレザレの登り、、ザレた道は登りより下りが怖い★ ヒソヒソかめぴー下山でシリモチを。。。(笑)
DSC_0565.JPG


樹林帯は落ち葉や木の根っこが張りだしていました。しばらく頑張るとこんな花崗岩のゴロゴロ岩が出現してたちまち ちぃのテンションは↑↑~、張り切りちぃに変身~(笑)
DSC_0570.JPG

鎖場やこのようなロープも出てくるけど 使わなくても手と足でなんとか登りましたよーっ♪ 下りる人が登りきるまで待っていてくださいました♪
登山道はほとんど狭いので日曜日で人も多く譲り合いつつ進みます♪
DSC_0571.JPG

登山道にはまるでがんばったご褒美みたいにかわいい花が色々出現してちぃは大喜びしましたっ、そして撮りまくる、見まくるのでのこのこ歩きになってしまいました(笑) かめぴーは気長に後ろからついてきてくれました
これはベニドウダンかなぁ。。ちっちゃくてかわいい花、稜線の下までたくさんありましたよーっ
DSC_0574.JPG


ふぅっ、「重ね岩」がみえたっ♪ 黄色マークが重ね岩、山頂は右奥でまだ見えていません
さぁっ、重ね岩目指して登りましょっ♪
DSC_0588.JPG


そして、ついにちぃは見ることができました!! 「シロヤシオ」♪ 2014年に「大台ケ原」に登ったときシロヤシオがトンネルのように登山道に生えていて8月だったから葉っぱしかなく、、どこかで見れたらいいな、、と思いつつ見ることがないまま過ぎていました♪ ちぃは「かわいい!」を連発(笑) 
DSC_0598.JPG

鮮やかな「ヤマツツジ」も咲いています♪  登りの急登で「あ~、疲れたな。。」って時にきれいな花やこんな風景が見れると 「登って良かった、山って大好き、がんばろ」、、って思えるなぁ♡
DSC_0604.JPG

シロヤシオに感動しつつ「重ね岩」に着きました。
もちろん登ります♪ かめぴーが登ろうとしてる岩の前の大きい岩のほうにちぃは登りました♪
DSC_0607.JPG

カメラはちぃが持っていたのでかめぴーのドヤドヤを1枚♪ 「こえ~~っ」ってぶつぶつ聞こえましたっ、確かに怖かったー(笑)
DSC_0608.JPG

重ね岩の岩かげに「イワカガミ」が咲いてました♪ 
DSC_0610.JPG



ひと休みしたのち 急坂を登り、、稜線へ出ました♪ 
わぁっ、駐車した登山口が見える、ずいぶん登ってきたね♪
DSC_0657.JPG

ここからは笹が生えている道、素晴らしい眺めですよぉ♪
山頂は奥のあれかっ! いつものように違いました(笑)でもアップダウンも「もうすぐかも」って思えばキツくない、思い込みって時には大切ー(笑)
DSC_0632.JPG

あっ、あれがきっと山頂! たくさんの人がいるみたいねっ♪
DSC_0634.JPG

山頂からの眺めとひゃっほーは次回に続きまーす
最後まで読んでいただきありがとうございます(*^-^*)

鎌ヶ岳② [鈴鹿セブンマウンテン]

鎌ヶ岳の昨日の続きです


赤ガレの下は荒涼とした感じだね☆
DSC_1972.JPG

赤ガレを見上げたら 誰も登っていなかったので どんな感じなのかなぁ、超ズルズルなのかな、、っていったら かめぴーが「危なさそうだから迂回ルートで先へ進もう」というのでそちらを登りました。
DSC_1970.JPG

しばらく登るといよいよ来ましたよーっ♪ 左の急登を登れば山頂直下の岩場ルート、右へ進めば迂回ルートです♪ もちろんっ、山頂直下の岩場を登りたくて来たので 左へ進みまーす!!
DSC_1976.JPG


さぁっ、登りましょっ♪ 写真だと高度感も傾斜もなさそうですが実際は直登の岩場なのでちぃは振り向くとビビリちぃが出現してしまうので前進あるのみ(笑) でも急でも距離は30mほど登るだけだから、、と自分に言い聞かせて(笑)
DSC_1981.JPG


この先、ロープや鎖も取りつけられていました。
足が短い背が低いので足がかりまで届かなくてちょっと苦労した箇所もありましたー(笑)
それでもロープ&鎖を使いつつ 楽しく登りました。危険箇所ではさすがに写真はとれませんでしたが☆
「あっ、あの先、ちょっと大変そうかなー」
DSC_1982.JPG

途中まではかめぴーの様子も撮れましたよーっ♪(かめぴーは今までの登山でこの登りが1番怖かったらしいです☆
DSC_1987.JPG

そして着きました! 鎌ヶ岳(1161m)の山頂です♪
「この岩の上が鎌ヶ岳の最高地点だよーっ♪ひゃっほーー!」・・・安心してください、右手&左足上げてます(笑)
DSC_1998.JPG


山頂は狭いのですが360度のパノラマワールド♪ 祠があり無事に登れたことを感謝しつつご挨拶しました。神さまは天照大神♪
DSC_1990.JPG

御在所岳が見えました♪
「御在所岳にカップ麺でかんぱーーい!」
DSC_1995.JPG

御在所のほかにもたくさんの山々が見えました♪
DSC_2003.JPG


大きな岩に座り カップ麺や温かいカフェラテを飲んでのんびり過ごしたのち 今度は迂回ルートを使って下山しました♪
登山道は花も咲いてウグイスもないていました。鎌ヶ岳はブナの原始林がある山、登山道ももう少ししたら
ブナの緑で覆われるのかなぁ・・
DSC_2001.JPG

ちぃ&かめぴーは初めての立山リンドウも見つけました♪ すっごくかわいいね♡
DSC_1950.JPG

さぁっ、下山後は湯の山温泉へいきましょーっ!!

鎌ヶ岳① [鈴鹿セブンマウンテン]

鎌ヶ岳・・・標高1161m 、三重県三重郡菰野町と滋賀県にまたがる山で関西百名山、鈴鹿セブンマウンテンに選定されている。

登山ルートはいくつもあるようですが 私たちは鈴鹿スカイラインの「武平峠・・ぶへいとうげ」から登りました♪
峠のトンネルを挟んで滋賀県側と三重県側に登山口&駐車場があり 三重県側はすでに満車で滋賀県側に駐車しました。どちら側にも駐車場とトイレがあり 駐車料金は無料です♪

不思議なコトが3つありましたよーっ!
ひとーつ・・・なぜか駐車場のトイレ(女子ねっ)の窓に炊飯器の内釜がのっけてありましたー☆なにこコレ?ちぃは1人で笑っちゃいましたよーっ♪ 鎌ヶ岳だから釜をのっけたのか??--!謎ですっ(笑)

ふたーつ・・・スカイラインを走っていて かめぴーは歩道に鹿の交通事故死体がある!!といいましたっ。しかし、ちぃには見えませんでした★

みっつー・・・同じくスカイラインを走行中、かめぴーが2度 「猿やで、普通にあちこちにいるんやなぁ」、、っていいましたが ちぃにはなーんにも見えませんでしたー(笑)

さぁっ、武平峠のトンネル横から登山口は始まります。
ちょっと寂し気な雰囲気だなぁ。。つぎは賑やかだった三重県側からにしよーっと☆
DSC_1913.JPG

武平峠まで沢沿いの樹林帯を登ります。
鎌ヶ岳は山全体が花崗岩でできているそうです。登山道は御在所岳と同じようにザレザレの溝になってたりゴロゴロ岩を乗り越えたり 砂場のようなところもあり 気が抜けないけど楽しいルート。テープやペンキでマーキングしてあるので迷うことはなかったです
DSC_1920.JPG

分岐の武平峠へ着きました♪ さぁっ、ここから鎌ヶ岳進みます。初めて登る山にちぃもかめぴーもワクワク♪
御在所岳からの縦走の合流地点なので下りて来る人たちも見えましたよー
DSC_1923.JPG

鎌ヶ岳の登山道に登りだすと コブシやかわいいショウジョウバカマ、スミレ、などがあちこちに咲いていて たちまちテンションUP!ちぃワールド全開、、かわいいとうるさく騒ぎながら撮りまくりノコノコ歩きになりました(笑)
DSC_1922.JPG


山頂はまだ見えないけど最初の岩登りポイント、、楽しそうー♪滑らないよう手がかり足がかりをさがしながら登ります
DSC_1933.JPG


♪頑張るかめぴー♪
DSC_1942.JPG

「ふぁいとーー」
先に登ったちぃは上から応援(笑)
DSC_1941.JPG

岩場をすぎてコブシの咲く稜線を歩きます♪ こんなかわいい花も見つけました♪
DSC_1968.JPG

稜線歩はまるで「狭い砂場」のようにザレている箇所もありました
DSC_1947.JPG

あっ、目指す鎌ヶ岳のピークが見えた!ちょこっとズームして撮りました
黄色でマークした茶色の部分がちぃが楽しみにしてる山頂直下の岩場ねっ♪ 登っている人が写っていましたよーっ♪ 崩れ落ちたような部分は「赤ザレ」と呼ばれるザレザレの直登らしいです♪
DSC_1967.JPG


ふぅーっ、頑張って登り続け「赤ザレ」の下まで辿り着きました♪ 
DSC_1973.JPG

長くなったので山頂へ、、は次回に続きます。
最後まで読んで頂きありがとうございますm(*^0^*)m
鈴鹿セブンマウンテン ブログトップ